新版 都市空間の怪異

新版 都市空間の怪異

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784044008055
label

新版 都市空間の怪異

  • 著者 宮田 登
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784044008055

みんなの不安に巣くう、都会派妖怪の正体に迫る!

千変万化する妖怪、そのイメージを作り出したのは、不安により膨れ上がる都市住民の想像力であったーー。大通りを闊歩する百鬼夜行、学校の暗闇に潜む女子生徒の幽霊、銀幕を跋扈する大怪獣。人が集まる場所にこそ妖怪あり! 民間伝承から都市伝説まで、江戸から魔都東京まで。時間も空間も乗り越える、遊び心あふれる宮田式妖怪地図を手に、都市怪異譚をたどる旅に出よう。小松和彦による解説「宮田登の妖怪論」収録。
千変万化する妖怪、そのイメージを作り出したのは、不安により膨れ上がる都市住民の想像力であったーー。大通りを闊歩する百鬼夜行、学校の暗闇に潜む女子生徒の幽霊、銀幕を跋扈する大怪獣。人が集まる場所にこそ妖怪あり! 民間伝承から都市伝説まで、江戸から魔都東京まで。時間も空間も乗り越える、遊び心あふれる宮田式妖怪地図を手に、都市怪異譚をたどる旅に出よう。小松和彦による解説「宮田登の妖怪論」収録。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一章  妖怪と人間との交流
一 妖怪の音声
二 妖怪からのメッセージ

第二章  妖怪と幽霊
一 幽冥界
二 幽霊と妖怪
三 幽霊の描かれ方

第三章  都市と妖怪
一 都市の怪異
二 東京の魔所
三 異界との交流
四 鏡花と妖怪文化

第四章  近現代社会の妖怪
一 若者の霊魂観念
二 都市空間の妖怪

付  都市とフォークロア
一 ハヤリ神と祟り
二 都市の動物フォークロア
三 ホラーのルーツ
四 都市民俗の原理

解説 宮田登の妖怪論 小松和彦
文庫版解説 小松和彦
初出一覧

「新版 都市空間の怪異」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 宮田先生なんで死んでしもたん。と思うぐらいには面白い本であった。妖怪とか学校の怪談とか池袋の女とかアンテナが広くて読んでて楽しい。何故その現象がそのように解釈されたんです?ということが日本人の本質に関 宮田先生なんで死んでしもたん。と思うぐらいには面白い本であった。妖怪とか学校の怪談とか池袋の女とかアンテナが広くて読んでて楽しい。何故その現象がそのように解釈されたんです?ということが日本人の本質に関わるのではないかという考えはご尤もである。そういうの好きなので。2000年ご逝去のためご存命当時流行りの話題としてリングとかも出てたので良かったがあらすじビミョーに違うけど映画版は見てないのでそっちかもしれない。私が本格的にハマりだした先生が亡くなられた後の洒落怖や妖怪ブームに関する論評も読んでみたかった。 …続きを読む
    眉毛ごもら
    2024年02月11日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品