雨宮兄弟の骨董事件簿 3

雨宮兄弟の骨董事件簿 3

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年03月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041145371
label

雨宮兄弟の骨董事件簿 3

  • 著者 高里 椎奈
  • イラスト モノサカ 糸
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年03月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041145371

美術館の窃盗事件から来歴不明のチェストまで。その謎、鑑定致します。

◇あらすじ◇

港町の片隅にある雨宮骨董店。
24歳のディーラー・雨宮陽人は不思議な力を持つ弟・海星と、骨董品の鑑定を引き受けている。
なにかと二人の世話を焼く刑事、本木匡士と共に両親が巻きこまれた事件を解決して間もなく、雨宮骨董店にとある変化が。人嫌いの海星が積極的に人と関わり始めたのだ。
弟の成長を喜ぶ陽人だったがひとつのチェストの存在に兄弟の心は揺れて……?

互いを想いあう心が胸を打つ、美しきアンティークミステリ!

◇登場人物◇

雨宮陽人(あまみやはると)
24歳のディーラー。お人好しで明るく誰からも好かれる。

雨宮海星(あまみやかいせい)
陽人の弟。病弱な人嫌いで、ある不思議な力を持つ。

本木匡士(ほんもくきょうじ)
25歳。刑事。陽人とは旧知の仲。
◇あらすじ◇

港町の片隅にある雨宮骨董店。
24歳のディーラー・雨宮陽人は不思議な力を持つ弟・海星と、骨董品の鑑定を引き受けている。
なにかと二人の世話を焼く刑事、本木匡士と共に両親が巻きこまれた事件を解決して間もなく、雨宮骨董店にとある変化が。人嫌いの海星が積極的に人と関わり始めたのだ。
弟の成長を喜ぶ陽人だったがひとつのチェストの存在に兄弟の心は揺れて……?

互いを想いあう心が胸を打つ、美しきアンティークミステリ!

◇登場人物◇

雨宮陽人(あまみやはると)
24歳のディーラー。お人好しで明るく誰からも好かれる。

雨宮海星(あまみやかいせい)
陽人の弟。病弱な人嫌いで、ある不思議な力を持つ。

本木匡士(ほんもくきょうじ)
25歳。刑事。陽人とは旧知の仲。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一話 密談椅子
第二話 隠れ鬼のキャビネット
幕間 踊る宝石
第三話 ウッド・チェスト
終幕

同じシリーズの作品

「雨宮兄弟の骨董事件簿 3」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 貴方達が居場所をくれたから。踊る宝石・・・ドラクエ(違う)?幕間がなんか楽しいし、密談椅子これで知って画像見たけどいいデザイン。はさておき、背伸びの困難にハラハラしながらも真相もそれ以外も前よりも不思 貴方達が居場所をくれたから。踊る宝石・・・ドラクエ(違う)?幕間がなんか楽しいし、密談椅子これで知って画像見たけどいいデザイン。はさておき、背伸びの困難にハラハラしながらも真相もそれ以外も前よりも不思議で優しい世界の度合いが強くなった。それとともにアンティークの変わった知識まで教えてくれるので、参考になる(こうだからいいっでものじゃないんだな)。コミカライズおめでとうございます・・・アンティークの絵、映えると思います(えと、続くよね?)。 …続きを読む
    雪紫
    2024年03月22日
    46人がナイス!しています
  • アンティーク×ミステリの第3弾。ついに海星のチェストの謎が明らかに?/体質のせいで外に出られない海星だが、店頭やリモートで鑑定を見学したり、簡単な料理をしたりと少しずつ頑張り始める。その成長ぶりを微笑ま アンティーク×ミステリの第3弾。ついに海星のチェストの謎が明らかに?/体質のせいで外に出られない海星だが、店頭やリモートで鑑定を見学したり、簡単な料理をしたりと少しずつ頑張り始める。その成長ぶりを微笑ましく思う兄の陽人。その兄の役に立ちたい、役に立つことで自らの存在価値を見出だそうともがき悩む海星。そんな二人を優しく見守る本木。優しい世界にほっこりするが、海星の出自の謎がさらに深まり今後の展開にやきもきする。幕間(いつも楽しみ)も面白かった。個人的に黒川さんファンなので、これからも出番が増えると嬉しい。 …続きを読む
    さっちゃん
    2024年05月25日
    34人がナイス!しています
  • 海星は妖精さんか何かかと思っていた。人間だったのね。 この巻でようやく理解できたのに、兄の陽人や雨宮骨董店と別れの気配が…。最後の一行でようやく安心できました。続きが楽しみ。って続くよね? 海星は妖精さんか何かかと思っていた。人間だったのね。 この巻でようやく理解できたのに、兄の陽人や雨宮骨董店と別れの気配が…。最後の一行でようやく安心できました。続きが楽しみ。って続くよね?
    kei302
    2024年05月28日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品