10代からの政治塾 子どもも大人も学べる「日本の未来」の作り方

10代からの政治塾 子どもも大人も学べる「日本の未来」の作り方

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年01月18日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784046066152

10代からの政治塾 子どもも大人も学べる「日本の未来」の作り方

  • 著者 泉 房穂
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年01月18日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784046066152

今こそ大人も子どもも知るべき「この国の未来の作り方」

「明石の街を変える」をキャッチフレーズに、兵庫県明石市長の10年間の任期中に少子化対策をはじめとした住みやすい街づくりを行い、今、大注目の泉房穂。そんな氏が目指しているのが、未来の政治を担うであろう子どもたちの政治を教えること。それを先駆けて書籍化したのが本書です。

「政治は汚い」「お金がないと政治家になれない」。そんなイメージが付きまとう政治の世界ですが、氏いわく「政治はもっと美しいもの」。お金がなくても誰でもできるのは、すでに自身で証明した。それよりも、政治家に必要なのはピュアな心であり、国や市をよくしたいという情熱。それさえあれば、誰だって政治家になれる。

本書では、著者自身が「街を変えたい」と誓った10代をキーワードにしていますが、学生のみならず、大人でも、日本を、社会を変えるために何をすればよいかが見えてきます。「そもそも政治とはなにか」「必要な資質はなにか」「選挙で勝つための方法」など、氏が10年間で抱き続けてきた政治に対する考えを本書で紹介します。
「明石の街を変える」をキャッチフレーズに、兵庫県明石市長の10年間の任期中に少子化対策をはじめとした住みやすい街づくりを行い、今、大注目の泉房穂。そんな氏が目指しているのが、未来の政治を担うであろう子どもたちの政治を教えること。それを先駆けて書籍化したのが本書です。

「政治は汚い」「お金がないと政治家になれない」。そんなイメージが付きまとう政治の世界ですが、氏いわく「政治はもっと美しいもの」。お金がなくても誰でもできるのは、すでに自身で証明した。それよりも、政治家に必要なのはピュアな心であり、国や市をよくしたいという情熱。それさえあれば、誰だって政治家になれる。

本書では、著者自身が「街を変えたい」と誓った10代をキーワードにしていますが、学生のみならず、大人でも、日本を、社会を変えるために何をすればよいかが見えてきます。「そもそも政治とはなにか」「必要な資質はなにか」「選挙で勝つための方法」など、氏が10年間で抱き続けてきた政治に対する考えを本書で紹介します。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

1日目 そもそも政治って、何のためにあるの?
2日目 難しいけど、政治のしくみを見ていこう 
3日目 なぜみんな税金を払うことをイヤがるの?
4日目 政治家になるためにまずは選挙に出よう
5日目 政治家になるために必要な能力って?
6日目 みんなは日本をどんな国にしたい?

「10代からの政治塾 子どもも大人も学べる「日本の未来」の作り方」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 泉 房穂 (前 明石市長)の名声は、以前から子育て支援の関係で知っていた。この新著、泉氏の胆力や慈愛に満ちた人柄、市民を幸せにするための政治を目指す情熱が全てのページから感じられた。今の時代の「マスト」は 泉 房穂 (前 明石市長)の名声は、以前から子育て支援の関係で知っていた。この新著、泉氏の胆力や慈愛に満ちた人柄、市民を幸せにするための政治を目指す情熱が全てのページから感じられた。今の時代の「マスト」は子ども政策にお金をかけること、と言い切る。「10代からの~」と、若者に向けて書かれているが、65歳の私が読んで、改めて政治について根本的な理解ができた。右か左か、ではなく「市民に近いか・遠いか」で地方政治を考えるのだと。政治に対する思い込みで凝り固まった頭をほぐす妙薬の1冊。大人にもおすすめ。 …続きを読む
    とよぽん
    2024年04月15日
    50人がナイス!しています
  • 結果を出している、市民にコミットしている市長がいる。そんな話を聞き、著者のSNSをフォローするようになって数年。退任後に出版された「右も左もない、市民に近いか遠いかだ」というスタンスが伝わってくる熱い1冊 結果を出している、市民にコミットしている市長がいる。そんな話を聞き、著者のSNSをフォローするようになって数年。退任後に出版された「右も左もない、市民に近いか遠いかだ」というスタンスが伝わってくる熱い1冊です。6日の講義を想定して(7日目は後書き)構成されており、実際に中学校に招いて1週間ぐらいレクチャーしてもらいたいな、と思いました。いま世界は急速に変化しており、動脈硬化を起こしている年代が牛耳っている国々は伸び悩んでいます。若い人にこそ立ち上がってほしいー熱い気持ちになれる一冊でした。 …続きを読む
    たまきら
    2024年04月17日
    39人がナイス!しています
  • 先入観なく読みましたが、10代でも読める内容なので、わかりやすく、読みやすかったです。調べてみると賛否のある方のようですが。どの世界にも情熱や自信は武器にもなりますね。両方の意味で。実は自分は税金や社会 先入観なく読みましたが、10代でも読める内容なので、わかりやすく、読みやすかったです。調べてみると賛否のある方のようですが。どの世界にも情熱や自信は武器にもなりますね。両方の意味で。実は自分は税金や社会保険料を下げろとは思いません。セーフティーネットは必要ですから。でも、今話題になっているような政治家の裏金なんかあると信用をなくしますね。これからの世の中、どうなるのか?あと、福祉は大切ですが、まずは今の学校教育をなんとかしないと日本は取り返しがつかないことになると思います。僕も勉強します。ぼちぼちと。 …続きを読む
    あみやけ
    2024年02月17日
    35人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品