をんごく

をんごく

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年11月06日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041142653

をんごく

  • 著者 北沢 陶
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年11月06日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041142653

第43回横溝正史ミステリ&ホラー大賞 史上初の三冠受賞作!

嫁さんは、死んでもまだこの世にうろついているんだよ――

大正時代末期、大阪船場。画家の壮一郎は、妻・倭子の死を受け入れられずにいた。
未練から巫女に降霊を頼んだがうまくいかず、「奥さんは普通の霊とは違う」と警告を受ける。
巫女の懸念は現実となり、壮一郎のもとに倭子が現われるが、その声や気配は歪なものであった。
倭子の霊について探る壮一郎は、顔のない存在「エリマキ」と出会う。
エリマキは死を自覚していない霊を喰って生きていると言い、
倭子の霊を狙うが、大勢の“何か”に阻まれてしまう。
壮一郎とエリマキは怪現象の謎を追ううち、忌まわしい事実に直面する――。

家に、死んだはずの妻がいる。
この世に留めるのは、未練か、呪いか。


選考委員満場一致、大絶賛!
第43回横溝正史ミステリ&ホラー大賞 史上初の三冠受賞作!
嫁さんは、死んでもまだこの世にうろついているんだよ――

大正時代末期、大阪船場。画家の壮一郎は、妻・倭子の死を受け入れられずにいた。
未練から巫女に降霊を頼んだがうまくいかず、「奥さんは普通の霊とは違う」と警告を受ける。
巫女の懸念は現実となり、壮一郎のもとに倭子が現われるが、その声や気配は歪なものであった。
倭子の霊について探る壮一郎は、顔のない存在「エリマキ」と出会う。
エリマキは死を自覚していない霊を喰って生きていると言い、
倭子の霊を狙うが、大勢の“何か”に阻まれてしまう。
壮一郎とエリマキは怪現象の謎を追ううち、忌まわしい事実に直面する――。

家に、死んだはずの妻がいる。
この世に留めるのは、未練か、呪いか。


選考委員満場一致、大絶賛!
第43回横溝正史ミステリ&ホラー大賞 史上初の三冠受賞作!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一幕 四天王寺樒口寄
第二幕 心斎橋紅襟巻
第三幕 鰻谷扇恋塚
第四幕 船場紅地獄廻唄
第五幕 信濃橋筆彩

第43回横溝正史ミステリ&ホラー大賞
選考経過・受賞の言葉・選評・歴代受賞作一覧

カドブン記事

【2023年12月31日】北沢 陶×澤村伊智 横溝正史ミステリ&ホラー大賞〈大賞〉受賞作『をんごく』刊行記念対談


【2023年11月28日】おぞましいのに美しい 和の情緒漂う大正ホラー 『をんごく』北沢陶


【2023年11月20日】匂いと言葉と人々と。「大阪小説5選」


【2023年11月10日~】横溝正史ミステリ&ホラー大賞〈大賞〉受賞作!『をんごく』試し読み(全7回)


【2023年11月09日】第43回横溝正史ミステリ&ホラー大賞受賞作 『をんごく』刊行記念対談 北沢 陶×黒川博行


「をんごく」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 毎年、横溝正史ミステリ&ホラー大賞を楽しみにしています。第43回横溝正史ミステリ&ホラー大賞 史上初の三冠受賞作ということで、期待して読みました。凄く怖くはないですが、文章が巧みな正統派夫婦愛ホラーの秀作 毎年、横溝正史ミステリ&ホラー大賞を楽しみにしています。第43回横溝正史ミステリ&ホラー大賞 史上初の三冠受賞作ということで、期待して読みました。凄く怖くはないですが、文章が巧みな正統派夫婦愛ホラーの秀作、三冠受賞も納得です。受賞後第一作にも期待したいと思います。 https://www.kadokawa.co.jp/product/322306001322/ …続きを読む
    starbro
    2023年11月15日
    299人がナイス!しています
  • 横溝正史ミステリ&ホラー大賞受賞作だが、小説としてはミステリでもホラーでもない。魑魅魍魎が跋扈する世界で謎解きなど無意味だし、小泉八雲に比べても怖さはほとんど感じられないのだ。むしろ大阪の商家に代々伝 横溝正史ミステリ&ホラー大賞受賞作だが、小説としてはミステリでもホラーでもない。魑魅魍魎が跋扈する世界で謎解きなど無意味だし、小泉八雲に比べても怖さはほとんど感じられないのだ。むしろ大阪の商家に代々伝わる商売繁盛への妄執が生んだ、狂気と破滅の物語か。その系譜から逃げ出した語り手の画家は、関東大震災で帰阪したため再び因縁の蜘蛛の糸に絡めとられてしまった。亡妻成仏のため巫女とエリマキと共に奔走する姿は、神仏の力で支えられてきた過去の日本が科学力で崩されるのを象徴しているのか。もっとも悲惨なのは義兄かと思えた。 …続きを読む
    パトラッシュ
    2024年02月25日
    244人がナイス!しています
  • 面白くて読むのが止められなかった。。エリマキが登場して、本格的にホラーな展開が始まるのか!と思ったら、あっさり仲間になって、ちょっと予想外だったかな(笑)。ただそこからの主人公とエリマキの絆?バディー感 面白くて読むのが止められなかった。。エリマキが登場して、本格的にホラーな展開が始まるのか!と思ったら、あっさり仲間になって、ちょっと予想外だったかな(笑)。ただそこからの主人公とエリマキの絆?バディー感?は大好物な展開だった!そして、ラストのエリマキの本当の顔を知るシーンは、そういうことか!と唸ってしまった。巻末の選評の読むと作者の物語構成や文章の巧さが分かり、もう1度読みたくなった。作者の次回作が今から楽しみでしかたない。 …続きを読む
    kou
    2024年04月17日
    174人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品