音盤紀行 2

音盤紀行 2

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年10月20日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
260
ISBN:
9784047376076
label

音盤紀行 2

  • 著者 毛塚 了一郎
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年10月20日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
260
ISBN:
9784047376076

レコード1枚130g、CD1枚16g、配信0g。重みの中に思いが宿る。

世界各国、いろんな時代を舞台にレコードと音楽の紡ぐオムニバス連載「音盤紀行」。
大ボリュームの第二巻では
・現代アメリカ。オークションで見つけた幻のテストプレスが生むカーチェイス「ロードサイド・ピッカーズ」
・70年代アルゼンチン。日系3世の内気な少女は、軍事政権から逃れたペルーのロックミュージシャンと出会い、新たな世界に踏み出す「カンシオン パラ マニャーナ」
・70年代ロンドン。時代の変化で廃船となる海賊ラジオの最後の冒険と恋のはじまり「波継ぐラジオ、駆ける船」
・戦後横浜。フェンスの先のGHQにはレコードがやまほどある。けれども僕らの日常は闇市の瓦礫の中にある「塀越しのメロディー」
など、ほかにも1巻で登場した暦実やラナの登場するエピソードも収録です。
世界各国、いろんな時代を舞台にレコードと音楽の紡ぐオムニバス連載「音盤紀行」。
大ボリュームの第二巻では
・現代アメリカ。オークションで見つけた幻のテストプレスが生むカーチェイス「ロードサイド・ピッカーズ」
・70年代アルゼンチン。日系3世の内気な少女は、軍事政権から逃れたペルーのロックミュージシャンと出会い、新たな世界に踏み出す「カンシオン パラ マニャーナ」
・70年代ロンドン。時代の変化で廃船となる海賊ラジオの最後の冒険と恋のはじまり「波継ぐラジオ、駆ける船」
・戦後横浜。フェンスの先のGHQにはレコードがやまほどある。けれども僕らの日常は闇市の瓦礫の中にある「塀越しのメロディー」
など、ほかにも1巻で登場した暦実やラナの登場するエピソードも収録です。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

「音盤紀行 2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 音楽は時間とともに空間に消えるが、レコードは形ある物として、手元に残る。今ふたたびブームになった理由はまさにそれ。音楽との出会いと、「それ」を手にするまでのドラマは、デジタルからは生まれない。幅広い時 音楽は時間とともに空間に消えるが、レコードは形ある物として、手元に残る。今ふたたびブームになった理由はまさにそれ。音楽との出会いと、「それ」を手にするまでのドラマは、デジタルからは生まれない。幅広い時代と場所(世代も)を背景に、ラジオやプレーヤーから流れてくる音楽の源は、やはりレコードであってほしい。細い線を駆使した画面から感じられるのは、音としては聴こえないものの、確かにそこに生まれているはずの音楽と、その空間から漂う詩情だ。海外、洋楽・エスニックの話が多いのも、「遠さ」を語る「紀行」によく似合う。 …続きを読む
    へくとぱすかる
    2023年10月20日
    45人がナイス!しています
  • 音楽好きの皆さん待ちに待った『音盤紀行』の第2巻が発売されました!エンボス加工の表紙で愛着の湧く造本。全てが新登場のキャラばかりでは無く、1巻で知った、ミヤマレコードの暦実(こよみ)ちゃんや海賊放送局のニ 音楽好きの皆さん待ちに待った『音盤紀行』の第2巻が発売されました!エンボス加工の表紙で愛着の湧く造本。全てが新登場のキャラばかりでは無く、1巻で知った、ミヤマレコードの暦実(こよみ)ちゃんや海賊放送局のニッキ等も再登場オムニバス形式で場所も時代も行ったり来たり、今回は音の飛んだレコードの溝を修復する仕事にも触れられてそんなの有ったんだと勉強になりました。今こそ細野晴臣さんの言葉を捧げます。『音楽を聴けば、そこにスピリットが有る。それに触れることは、生きている人に会うのと同じなんだ。』それで救われる気持ち。 …続きを読む
    阿部義彦
    2023年10月19日
    28人がナイス!しています
  • 絵柄がテーマに合っている。後、どの話も話の決着の付け方がイイ。一つの題材を色々な短編で描くオムニバスのお手本のような話。凝っている表紙を含めて良い本だと思う。ただ一点、海賊ラジオの話は要塞に籠っちゃう 絵柄がテーマに合っている。後、どの話も話の決着の付け方がイイ。一つの題材を色々な短編で描くオムニバスのお手本のような話。凝っている表紙を含めて良い本だと思う。ただ一点、海賊ラジオの話は要塞に籠っちゃうと、すぐ踏み込まれるんじゃない?と不安になったぞ。 …続きを読む
    どら
    2024年02月19日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品