ほうかごがかり

ほうかごがかり

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年01月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
376
ISBN:
9784049151992
label

ほうかごがかり

  • 著者 甲田 学人
  • イラスト potg
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年01月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
376
ISBN:
9784049151992

甲田学人、完全新作!! ぼくらは命を懸けて、『奴ら』を 記録する――。

よる十二時、ぼくらは『ほうかご』に囚われる――。

『ほうかごがかり ニ森啓』
小学六年生の二森啓はある日、教室の黒板に突如として自分の名前が謎の係名と共に書き込まれているのを目撃する。その日の深夜十二時、自室。学校のチャイムが爆発的に鳴り響き、開いた襖の向こうには暗闇に囲まれた異次元の学校――『ほうかご』が広がっていた。
学校中の教室に棲む、『無名不思議』と呼ばれる名前のない異常存在。ほうかごに呼び出された六人の少年少女は、それぞれが担当する化け物を観察しその正体を記録するために集められたのだった。絵が得意な啓は屋上に潜む怪異『まっかっかさん』を捉えるべく筆を手にするが……。
鬼才・甲田学人が放つ、恐怖と絶望が支配する“真夜中のメルヘン”。
よる十二時、ぼくらは『ほうかご』に囚われる――。

『ほうかごがかり ニ森啓』
小学六年生の二森啓はある日、教室の黒板に突如として自分の名前が謎の係名と共に書き込まれているのを目撃する。その日の深夜十二時、自室。学校のチャイムが爆発的に鳴り響き、開いた襖の向こうには暗闇に囲まれた異次元の学校――『ほうかご』が広がっていた。
学校中の教室に棲む、『無名不思議』と呼ばれる名前のない異常存在。ほうかごに呼び出された六人の少年少女は、それぞれが担当する化け物を観察しその正体を記録するために集められたのだった。絵が得意な啓は屋上に潜む怪異『まっかっかさん』を捉えるべく筆を手にするが……。
鬼才・甲田学人が放つ、恐怖と絶望が支配する“真夜中のメルヘン”。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

序章
一話
二話
三話
四話

同じシリーズの作品

「ほうかごがかり」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • その怪異に選ばれてしまったら、逃げ出す道は選べない。小学生たちが指名された“ほうかごがかり”。深夜に召喚され、怪異に満ちた異界の学校で各々が担当する怪異の観察・記録をする事で怪異を弱める、卒業まで。陰鬱 その怪異に選ばれてしまったら、逃げ出す道は選べない。小学生たちが指名された“ほうかごがかり”。深夜に召喚され、怪異に満ちた異界の学校で各々が担当する怪異の観察・記録をする事で怪異を弱める、卒業まで。陰鬱な深夜の学校、ノイズが流れあちこちに貼られた『いる。』という貼り紙。雰囲気が抜群に恐い。さらに現実に侵食してくる怪異に追い詰められていく子供たち。表紙の子は・・・。そして真っ向から向き合った啓くんが何とか切り抜けたかと思いきや・・・何故!?どうしちゃったんだ啓君!早く続きが読みたい! …続きを読む
    眠る山猫屋
    2024年04月13日
    60人がナイス!しています
  • 子供だろうと不条理と戦い、周囲を慮り、内心を押し殺さなければならない現実がある。そんな子供たちが夜中でも更なる理不尽と向き合わなければならないってどんな地獄なの・・・?子供達が向き合う怪異が、ジョハリ 子供だろうと不条理と戦い、周囲を慮り、内心を押し殺さなければならない現実がある。そんな子供たちが夜中でも更なる理不尽と向き合わなければならないってどんな地獄なの・・・?子供達が向き合う怪異が、ジョハリの窓における「私も他者も知らない自分」に相当するのではないかと考えた時、戦慄した。何故なら、怪異が子供の昼の日常にもチラチラと出てくる規則は当事者が置かれている現状が起点になっているからだ。更に啓君の担当した「まっかっかさん」に対しても「沈静化」しただけで「消滅」した訳ではない絶望!これ、本当に脱出できるの? …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2024年03月25日
    56人がナイス!しています
  • ある日、教室の黒板に自分の名前が謎の係名と共に書き込まれていた小学六年生の二森啓。その日の深夜から異次元の学校で「ほうかごがかり」を命じられる真夜中のメルヘン。毎週末、学校中の教室に棲む化け物『無名不 ある日、教室の黒板に自分の名前が謎の係名と共に書き込まれていた小学六年生の二森啓。その日の深夜から異次元の学校で「ほうかごがかり」を命じられる真夜中のメルヘン。毎週末、学校中の教室に棲む化け物『無名不思議』を観察しその正体を記録するために集められた小学校高学年の六人の生徒たち。それぞれに課された担当の化け物がいて、この年頃だと反発してやらない子絶対いるだろと思ったら案の定…(遠い目)。後出しする顧問の太郎さんもあれだけど、想像以上に過酷な状況を突きつけられて果たして何人生き残るのか…続きが気になりますね。 …続きを読む
    よっち
    2024年01月10日
    38人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品