大学1冊目の教科書 社会学が面白いほどわかる本

大学1冊目の教科書 社会学が面白いほどわかる本

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年02月09日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784046062253

大学1冊目の教科書 社会学が面白いほどわかる本

  • 著 大野 哲也
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年02月09日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784046062253

高大接続にこだわったいちばんやさしい大学のテキスト、できました!

大学入試で面接を担当するとき、「社会学ってどんな学問だと思っていますか」と質問することがある。すると多くの受験生は胸を張って「歴史とか政治とか社会問題とかを考えることです」と答える。
その声を聞くたびに、笑みを保ったまま少しがっかりする。核心はその部分にはないからだ。
(「はじめに」より)

大学での学びに悩むあなたのために、高大接続にこだわった「入門書の入門書」をつくりました。
高校で学んだことを復習しながら進むからわかりやすく、講義の理解が進むのはもちろん、その後の人生でも役立つ知識がいっぱい!

学校推薦・総合型選抜対策や大人の学び直しにも最適です。

さあ、社会学の扉を一緒に開けましょう!

【内容】
第1章 スポーツ:近代スポーツはなぜイギリスで誕生したのか
第2章 人種と民族:科学的なものの分類
第3章 ツーリズム:旅行の誕生と発展
第4章 文化:創造されるホンモノ性
第5章 ジェンダー:社会的構築物としての性
第6章 恋愛と結婚:私は誰と結婚できるのか
第7章 家族:「血のつながり」を越えて
第8章 食:私たちは何をどのように食べているのか
第9章 障がい:差別と偏見を乗り越えたところにある差別心
第10章 コミュニケーション:私の「赤」とあなたの「赤」は同じか
第11章 環境:開発と自然保護のジレンマ
第12章 ボランティア:自己責任社会における利他的行為
第13章 自己とアイデンティティ:「自分らしさ」へのあくなき欲望
第14章 資本主義:競争原理で駆動する社会
第15章 グローバル化:均質化と差異化の同時進行
大学入試で面接を担当するとき、「社会学ってどんな学問だと思っていますか」と質問することがある。すると多くの受験生は胸を張って「歴史とか政治とか社会問題とかを考えることです」と答える。
その声を聞くたびに、笑みを保ったまま少しがっかりする。核心はその部分にはないからだ。
(「はじめに」より)

大学での学びに悩むあなたのために、高大接続にこだわった「入門書の入門書」をつくりました。
高校で学んだことを復習しながら進むからわかりやすく、講義の理解が進むのはもちろん、その後の人生でも役立つ知識がいっぱい!

学校推薦・総合型選抜対策や大人の学び直しにも最適です。

さあ、社会学の扉を一緒に開けましょう!

【内容】
第1章 スポーツ:近代スポーツはなぜイギリスで誕生したのか
第2章 人種と民族:科学的なものの分類
第3章 ツーリズム:旅行の誕生と発展
第4章 文化:創造されるホンモノ性
第5章 ジェンダー:社会的構築物としての性
第6章 恋愛と結婚:私は誰と結婚できるのか
第7章 家族:「血のつながり」を越えて
第8章 食:私たちは何をどのように食べているのか
第9章 障がい:差別と偏見を乗り越えたところにある差別心
第10章 コミュニケーション:私の「赤」とあなたの「赤」は同じか
第11章 環境:開発と自然保護のジレンマ
第12章 ボランティア:自己責任社会における利他的行為
第13章 自己とアイデンティティ:「自分らしさ」へのあくなき欲望
第14章 資本主義:競争原理で駆動する社会
第15章 グローバル化:均質化と差異化の同時進行

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

はじめに

第1章 スポーツ:近代スポーツはなぜイギリスで誕生したのか
第2章 人種と民族:科学的なものの分類
第3章 ツーリズム:旅行の誕生と発展
第4章 文化:創造されるホンモノ性
第5章 ジェンダー:社会的構築物としての性
第6章 恋愛と結婚:私は誰と結婚できるのか
第7章 家族:「血のつながり」を越えて
第8章 食:私たちは何をどのように食べているのか
第9章 障がい:差別と偏見を乗り越えたところにある差別心
第10章 コミュニケーション:私の「赤」とあなたの「赤」は同じか
第11章 環境:開発と自然保護のジレンマ
第12章 ボランティア:自己責任社会における利他的行為
第13章 自己とアイデンティティ:「自分らしさ」へのあくなき欲望
第14章 資本主義:競争原理で駆動する社会
第15章 グローバル化:均質化と差異化の同時進行

おわりに

「大学1冊目の教科書 社会学が面白いほどわかる本」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • KADOKAWAが社会学の教科書を出すとは珍しい。著者の経歴も珍しく、その専攻分野に沿った構成となっており、全15章の最初の個別テーマは「スポーツ」から始まる。その後の「人種・民族」や「ツーリズム」といったテー KADOKAWAが社会学の教科書を出すとは珍しい。著者の経歴も珍しく、その専攻分野に沿った構成となっており、全15章の最初の個別テーマは「スポーツ」から始まる。その後の「人種・民族」や「ツーリズム」といったテーマは今風のキャッチ―なものでもありながら固い記述もあって中々面白い。とはいえ中盤から後半の「環境」や「グローバル化」などは現状と教科書的なトピックがバラついている印象で、前後のつながりが読み取りにくいのが勿体なかった。やはり一人の著者がまとめる社会学の教科書は、特に昨今中々難しいものがある。 …続きを読む
    ぷほは
    2024年02月11日
    9人がナイス!しています
  • とても読み応えがあった。日常に即したテーマで関心が持てた とても読み応えがあった。日常に即したテーマで関心が持てた
    ishida
    2024年05月28日
    1人がナイス!しています
  • 本書の編集者の方からご献本いただきました。 以前わたしがお世話になっていたKADOKAWA(当時、中経出版)の名物学参編集者がいらっしゃる部署が出した社会学の教科書ということで、学参のテイストそのままの珍しい 本書の編集者の方からご献本いただきました。 以前わたしがお世話になっていたKADOKAWA(当時、中経出版)の名物学参編集者がいらっしゃる部署が出した社会学の教科書ということで、学参のテイストそのままの珍しいタイプの社会学概説本。受験勉強をしている気分になります。 その昔、小論文の学参を書かせて頂いていた頃のことを思い出しました。 …続きを読む
    Arihiro Minoo
    2024年03月19日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品