“歪んだ法”に壊される日本 事件・事故の裏側にある「闇」

“歪んだ法”に壊される日本 事件・事故の裏側にある「闇」

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年03月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784046061539

“歪んだ法”に壊される日本 事件・事故の裏側にある「闇」

  • 著者 郷原 信郎
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年03月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784046061539

“法意識”なき国民は権力にひれ伏す

日本は真の法治国家へ変われるか?

宮台真司氏(社会学者)推薦
「専門家のゴマカシが蔓延する国で、私たちは「空気の支配」から真の公共へ脱却できるか。
痛快だが、とても痛い。必読の日本社会論!」

●突然逮捕!はなぜ起きるのか? 日本で「普通の市民」が冤罪の犠牲になる理由。
●政治家への賄賂・ヤミ献金はどうすればなくなるのか? 議員事務所の会計事務手続きを是正せよ!
●「益税」批判は筋違い!インボイス導入前に知るべき、メディアが垂れ流した“消費税の大誤解”。

YouTube・ウェブ記事で信頼を集める弁護士が、
いま知っておくべき5つのテーマを深く、わかり易く解説。
【目次】
第一章 刑事司法が「普通の市民」に牙をむくとき~日本の刑事司法制度で被告の訴えは届くか  
第二章 「日本の政治」がダメな本当の理由~「公選法」「政治資金規正法」の限界と選挙買収の実態
第三章 東電旧経営陣への一三兆円賠償命令という「異常な判決」~「原子力損害賠償請求法」とガバナンスなき電力会社
第四章 「消費税は預り金」という“虚構”が日本経済を蝕んでいる~転嫁困難な中小企業が置かれた厳しい環境
第五章 交通事故の加害者が“つくり出される”とき~「自動車運転過失致死傷罪」による事故原因究明は正しいか
終章  ”歪んだ法”をなくしていくために~急がれる法教育の導入
日本は真の法治国家へ変われるか?

宮台真司氏(社会学者)推薦
「専門家のゴマカシが蔓延する国で、私たちは「空気の支配」から真の公共へ脱却できるか。
痛快だが、とても痛い。必読の日本社会論!」

●突然逮捕!はなぜ起きるのか? 日本で「普通の市民」が冤罪の犠牲になる理由。
●政治家への賄賂・ヤミ献金はどうすればなくなるのか? 議員事務所の会計事務手続きを是正せよ!
●「益税」批判は筋違い!インボイス導入前に知るべき、メディアが垂れ流した“消費税の大誤解”。

YouTube・ウェブ記事で信頼を集める弁護士が、
いま知っておくべき5つのテーマを深く、わかり易く解説。
【目次】
第一章 刑事司法が「普通の市民」に牙をむくとき~日本の刑事司法制度で被告の訴えは届くか  
第二章 「日本の政治」がダメな本当の理由~「公選法」「政治資金規正法」の限界と選挙買収の実態
第三章 東電旧経営陣への一三兆円賠償命令という「異常な判決」~「原子力損害賠償請求法」とガバナンスなき電力会社
第四章 「消費税は預り金」という“虚構”が日本経済を蝕んでいる~転嫁困難な中小企業が置かれた厳しい環境
第五章 交通事故の加害者が“つくり出される”とき~「自動車運転過失致死傷罪」による事故原因究明は正しいか
終章  ”歪んだ法”をなくしていくために~急がれる法教育の導入

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一章 刑事司法が「普通の市民」に牙をむくとき~日本の刑事司法制度で被告の訴えは届くか  
第二章 「日本の政治」がダメな本当の理由~「公選法」「政治資金規正法」の限界と選挙買収の実態
第三章 東電旧経営陣への一三兆円賠償命令という「異常な判決」~「原子力損害賠償請求法」とガバナンスなき電力会社
第四章 「消費税は預り金」という“虚構”が日本経済を蝕んでいる~転嫁困難な中小企業が置かれた厳しい環境
第五章 交通事故の加害者が“つくり出される”とき~「自動車運転過失致死傷罪」による事故原因究明は正しいか
終章  ”歪んだ法”をなくしていくために~急がれる法教育の導入

「“歪んだ法”に壊される日本 事件・事故の裏側にある「闇」」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 人質司法などの問題を論じる。発生型事件と立件型事件の二種類が存在する。どちらも冤罪が起こる。立件型事件は贈収賄事件、経済事犯など捜査機関の判断で立件するタイプである。事件そのものがでっち上げということ 人質司法などの問題を論じる。発生型事件と立件型事件の二種類が存在する。どちらも冤罪が起こる。立件型事件は贈収賄事件、経済事犯など捜査機関の判断で立件するタイプである。事件そのものがでっち上げということもある。 …続きを読む
    林田力
    2023年03月22日
    37人がナイス!しています
  • 検察の人質司法、公選法、政治資金規正法、原子力損害賠償請求法、消費税は預かり税の嘘、自動車運転過失致死罪による事故究明の疑問。以上の件を今回は書いてあった。特に驚いたのが消費税は預かり税じゃない??え 検察の人質司法、公選法、政治資金規正法、原子力損害賠償請求法、消費税は預かり税の嘘、自動車運転過失致死罪による事故究明の疑問。以上の件を今回は書いてあった。特に驚いたのが消費税は預かり税じゃない??え?他の本にそう書いてあったぞ?じゃあ価格に転換出来ない場合は事業者が呑まないといけないのか?そしてインボイスが始まったら、、1人親方が全員一斉に10%値上げして来るって事になるのか?いや、呑ませるのか?続きはHPにて:https://www.kashiwa1969.online/?p=8006 …続きを読む
    こも 零細企業営業
    2023年03月20日
    23人がナイス!しています
  • 地元図書館▼2023.3.20 初版▼5+終章269頁、刑事司法が市民に牙を向く、日本の政治がダメな理由(公選法、政治資金規正法)、東電13兆円賠償判決(原賠法)、消費税、交通事故の加害者、終は法教育導入の主張▼少し斜 地元図書館▼2023.3.20 初版▼5+終章269頁、刑事司法が市民に牙を向く、日本の政治がダメな理由(公選法、政治資金規正法)、東電13兆円賠償判決(原賠法)、消費税、交通事故の加害者、終は法教育導入の主張▼少し斜に構えて読む必要があると思っている人の本。根っこに「大企業や大きな組織は腐敗している」との偏見を感じます。同意できない例もあり、自分の主張では「〜と考えられる」「〜と言わざるを得ない」「〜は明らかだ」が目につくが、そこにエビデンスはありません。▼勉強になるし、終章の法教育の導入には賛同する。 …続きを読む
    Tomonori Yonezawa
    2023年07月02日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品