下北沢バックヤードストーリー 2

下北沢バックヤードストーリー 2

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年02月10日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
192
ISBN:
9784047373501
label

下北沢バックヤードストーリー 2

  • 著者 西尾 雄太
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年02月10日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
192
ISBN:
9784047373501

さらば青春の光 森田哲矢、推薦!

「古着好きの憧れと悲哀が詰まった作品です! 
古着漫画という新しいジャンルを体感させていただきました!」
さらば青春の光 森田哲矢

「自分の本心に気づいてないんだね」
そう言い残して出ていった恋人の本意に、元カノを通して少しだけ近づくことができた椹木。残りの元カノたちとも再会を果たせば、自身をアップデートしてなにもかもうまくいくのではとたくらんだ矢先、不穏な空気を纏った彼女が帰ってきて……。仕事も恋も悩みは尽きず、古着駄話も尽きず……。

手痛い過去と向き合って、こじれた人生を取り戻せ!

◎西尾雄太 ビームコミックス好評既刊
『水野と茶山』

◎コミックビーム 公式ツイッター
@COMIC_BEAM
「古着好きの憧れと悲哀が詰まった作品です! 
古着漫画という新しいジャンルを体感させていただきました!」
さらば青春の光 森田哲矢

「自分の本心に気づいてないんだね」
そう言い残して出ていった恋人の本意に、元カノを通して少しだけ近づくことができた椹木。残りの元カノたちとも再会を果たせば、自身をアップデートしてなにもかもうまくいくのではとたくらんだ矢先、不穏な空気を纏った彼女が帰ってきて……。仕事も恋も悩みは尽きず、古着駄話も尽きず……。

手痛い過去と向き合って、こじれた人生を取り戻せ!

◎西尾雄太 ビームコミックス好評既刊
『水野と茶山』

◎コミックビーム 公式ツイッター
@COMIC_BEAM

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

「下北沢バックヤードストーリー 2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • もう他人から指摘されちゃってるけど、錕クンさあ根本的に誰かと一緒にいるのに向いてないし別にそれが絶対悪でもないよっていう。それを認めず、自分を曲げないままでパートナーは欲しいってところに矛盾があるだけ もう他人から指摘されちゃってるけど、錕クンさあ根本的に誰かと一緒にいるのに向いてないし別にそれが絶対悪でもないよっていう。それを認めず、自分を曲げないままでパートナーは欲しいってところに矛盾があるだけで。何か指摘されても絶対に否定から入ろうとする性根を改めるか、自分の世界を堅持していくのかどちらか選べっていう話だった。 …続きを読む
    コリエル
    2023年04月04日
    7人がナイス!しています
  • 同時購入第2巻 元カノ二人目との邂逅 読んだ感想 主人公、とんでもなくデリカシーないな あんな別れ方した元カノにあいに行ける神経がすごい しかも今カノの相談って・・・ 主人公冷淡にあしらわれて憤ってたけど、 同時購入第2巻 元カノ二人目との邂逅 読んだ感想 主人公、とんでもなくデリカシーないな あんな別れ方した元カノにあいに行ける神経がすごい しかも今カノの相談って・・・ 主人公冷淡にあしらわれて憤ってたけど、そらそうやろ。 俺が元カノでも同じ態度取るなー 今カノもそら出ていくよ。 第3,4の元カノには大丈夫だろか・・・ あ、古着のうんちく今回も健在 個人的には服には全く無頓着ですが、こういう知識得られるのはとてもよい。 …続きを読む
    勧善寺藍(かんぜんじ あい)
    2023年02月25日
    6人がナイス!しています
  • 元カノに会いに行く際の服選びで「こういう服で喜んでもらえるだろうか」という視点がいっさい登場せず、主人公は服を着ることを徹底的に自己表現としてみているだけということが、その後の展開を暗示させる。交通事 元カノに会いに行く際の服選びで「こういう服で喜んでもらえるだろうか」という視点がいっさい登場せず、主人公は服を着ることを徹底的に自己表現としてみているだけということが、その後の展開を暗示させる。交通事故の当たり屋のような傍迷惑な巡礼の旅ではあるが、こういう周囲に無頓着に迷惑をかける人間を「純粋」だと勘違いさせてしまうような何かが確かにあることも認めざるを得ない。同好の士で浸ることの危うさは身に染みているはずなのに、どうして私達は陳腐な自分から、モノに陳腐でなさを見出すことで脱却できると思い込めるのだろう。 …続きを読む
    ぷほは
    2023年03月12日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品