魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~ 9

魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~ 9

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年12月25日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
324
ISBN:
9784046819321
label

魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~ 9

  • 著者 甘岸久弥
  • イラスト 駒田 ハチ
  • キャラクター原案 
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年12月25日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
324
ISBN:
9784046819321

炎龍や氷龍のウロコに月光蝶の結晶、希少素材でダリヤが作るものは!?

スカルファロット家武具部門と協力し、開発を重ねる女性魔導具師のダリヤ。
ダリヤは魔物討伐部隊相談役として認められ、彼女の叙爵が正式に決定する。
そんなある日、王城魔導具制作部を見学する機会に恵まれたダリヤは、制作部長、副部長同席のもと、月光蝶を使用した魔導ランタンへの付与を体験することに。
「美しい付与は、カルロに似たのだな」
父から受け継いだ技術、そして彼女自身の人柄で多くの人を引き付けていくダリヤを前に、ヴォルフは彼女を守りたいという気持ちを強めていくのだった。
そんな二人を見守る周囲は、ダリヤが叙爵前のお披露目で舞踏会に参加することを好機とばかりに、ヴォルフの背を押そうとあらゆる手を画策するが――!?
魔導具師ダリヤのものづくりストーリー、二人の気持ちが動きだす第九弾、開幕!
スカルファロット家武具部門と協力し、開発を重ねる女性魔導具師のダリヤ。
ダリヤは魔物討伐部隊相談役として認められ、彼女の叙爵が正式に決定する。
そんなある日、王城魔導具制作部を見学する機会に恵まれたダリヤは、制作部長、副部長同席のもと、月光蝶を使用した魔導ランタンへの付与を体験することに。
「美しい付与は、カルロに似たのだな」
父から受け継いだ技術、そして彼女自身の人柄で多くの人を引き付けていくダリヤを前に、ヴォルフは彼女を守りたいという気持ちを強めていくのだった。
そんな二人を見守る周囲は、ダリヤが叙爵前のお披露目で舞踏会に参加することを好機とばかりに、ヴォルフの背を押そうとあらゆる手を画策するが――!?
魔導具師ダリヤのものづくりストーリー、二人の気持ちが動きだす第九弾、開幕!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

「魔導具師ダリヤはうつむかない ~今日から自由な職人ライフ~ 9」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 魔物討伐部隊に魔法武器と魔物との戦闘で四肢を失った元騎士達に義足を開発した結果。魔物討伐部隊の相談役になったダリヤ。5本指靴下から義手義足まで開発した功績で年明けには男爵にもなると内々に予告された。そ 魔物討伐部隊に魔法武器と魔物との戦闘で四肢を失った元騎士達に義足を開発した結果。魔物討伐部隊の相談役になったダリヤ。5本指靴下から義手義足まで開発した功績で年明けには男爵にもなると内々に予告された。そうなると、貴族としての礼儀作法のレッスンが必要になる。より一層忙しくなったダリヤは、相談役の業務の一環で、王城の魔導具製作部に見学に行く。そこの部長の口から出て来る父カルロの名前。そして商業ギルドの長、ジェッタ子爵の名前も出て来る。その部長から魔力付与をやって欲しいと言われて実施して彼女の手腕が絶賛される。 …続きを読む
    こも 零細企業営業
    2023年12月26日
    34人がナイス!しています
  • ★★★★☆久しぶりの新刊。ここまで周囲からお膳立てされてハプニングにも助けられたのに、ようやく自覚が芽生えただけ?おいおいヴォルフよ、そりゃあないぜ。という、帯で煽られていた割には進展していない恋愛方面に ★★★★☆久しぶりの新刊。ここまで周囲からお膳立てされてハプニングにも助けられたのに、ようやく自覚が芽生えただけ?おいおいヴォルフよ、そりゃあないぜ。という、帯で煽られていた割には進展していない恋愛方面に肩透かしを食らいつつも、王城の魔導具製作部の面々という新たな技術者たちとの出会いや魔剣にキャッキャするスカルファロット兄弟など見どころは多くて良かった。また、今回も収録されていた生前のカルロの番外編で、何故あそこまで彼が過保護にダリヤを守ってきたのかがわかる内容になっていて、今後の展開に効いてきそうだな。 …続きを読む
    わたー
    2024年01月19日
    26人がナイス!しています
  • 王城魔導具制作部が登場。今回はそれほど大きな波はなかったよね?と思ってたけど、靴工房の話でガツンとやられた。確かにコストや合理性を考えれば王城で作った方がいいけど、ダリヤの言う通り職人の受け継がれてき 王城魔導具制作部が登場。今回はそれほど大きな波はなかったよね?と思ってたけど、靴工房の話でガツンとやられた。確かにコストや合理性を考えれば王城で作った方がいいけど、ダリヤの言う通り職人の受け継がれてきた技とか経験ってプライスレスだもんね。貴族と平民が身分を取っ払って、いいもの作るっていう目標に一緒に突き進むのがすごく好き。あと毎回最後のカルロさん話では泣かされるけど、今回はレオーネやドミニクのことも少し深掘りしていて、読めてよかった。続きが読みたくなっちゃったな。面白かった! …続きを読む
    ラムレーズン
    2023年12月30日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品