編み物ざむらい

第12回日本歴史時代作家協会賞「文庫書き下ろし新人賞」受賞

編み物ざむらい

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041131039
label

第12回日本歴史時代作家協会賞「文庫書き下ろし新人賞」受賞

編み物ざむらい

  • 著者 横山 起也
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2022年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041131039

刀の代わりに糸と編み針!? 世の不正を「仕組み」で編み直す!

武家から信頼の篤い蘭方医・久世に疑義を唱えたことで、凸橋家から召し放たれてしまった感九郎。父から勘当もされ、失意のうちに大川のほとりで得意の編み物をしていたところ、異形の男、寿之丞たちと出会う。成り行きから彼らの仕事「仕組み」を手伝ううち、感九郎のある能力が開花。そして召し放ちのきっかけを作った人物に接近する。その正体とは!? 江戸に実在した「編み物ざむらい」と異能集団が活躍する、新感覚時代活劇!
武家から信頼の篤い蘭方医・久世に疑義を唱えたことで、凸橋家から召し放たれてしまった感九郎。父から勘当もされ、失意のうちに大川のほとりで得意の編み物をしていたところ、異形の男、寿之丞たちと出会う。成り行きから彼らの仕事「仕組み」を手伝ううち、感九郎のある能力が開花。そして召し放ちのきっかけを作った人物に接近する。その正体とは!? 江戸に実在した「編み物ざむらい」と異能集団が活躍する、新感覚時代活劇!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

目次

第一章 感九郎、出会う
第二章 感九郎、編む
第三章 感九郎、まきこまれる
第四章 感九郎、ほどく
第五章 感九郎、さらにほどく
第六章 感九郎、泣く
第七章 感九郎、にじりよられる
第八章 感九郎、むすぶ
第九章 感九郎、冷や汗をかく
第十章 感九郎、悟る
第十一章 感九郎、編むが如く

カドブン記事一覧

【2022年12月22日】悪事を暴く鍵は編み物。多面的な「時代小説」――横山起也『編み物ざむらい』レビュー【評者:小野美由紀】


同じシリーズの作品

「編み物ざむらい」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 編み物が得意な若侍?ゾーンに入ると、他人の心を編み物の如くするするっとほどく才を持つ。奇抜な設定の時代劇ではあるが、コミカルで楽しく読めた。 編み物が得意な若侍?ゾーンに入ると、他人の心を編み物の如くするするっとほどく才を持つ。奇抜な設定の時代劇ではあるが、コミカルで楽しく読めた。
    紫 綺
    2023年06月04日
    59人がナイス!しています
  • ある医者の不正を訴えたことで、お家から召し放たれ、実家からも勘当された感九郎。メリヤス編みの内職で鍛えた腕を見込まれて、ある集団の仲間となる。個性的な仲間たちと行う「仕組み」とは何か。一種の仕置きのよ ある医者の不正を訴えたことで、お家から召し放たれ、実家からも勘当された感九郎。メリヤス編みの内職で鍛えた腕を見込まれて、ある集団の仲間となる。個性的な仲間たちと行う「仕組み」とは何か。一種の仕置きのようなもの。登場人物は魅力的でこれからも追っていきたいが、「穴」とか「檻」とかの話が少しばかり複雑でよくわからない。編み物が無我の境地に誘うというのはよくわかる。続きもあるようなので読みたい。 …続きを読む
    アイシャ
    2024年02月14日
    42人がナイス!しています
  • 時代ものは苦手なのに。なぜこういうタイトルを無視できないんだ。まぁ編み物好きとしては読んでみようかとなった。物語としては家を勘当された感九郎がある裏稼業に手を貸し得意の編み物を武器にして不正を正してい 時代ものは苦手なのに。なぜこういうタイトルを無視できないんだ。まぁ編み物好きとしては読んでみようかとなった。物語としては家を勘当された感九郎がある裏稼業に手を貸し得意の編み物を武器にして不正を正していく時代劇。なかなか斬新な展開で、まるで超能力かのように相手の心が見えたり自分の中に白装束の自分がいたりと病んでるのかオカルトなのか。不老不死の仲間もいたりする。編み物で糸を扱い解くという事と相手の心を解く事を掛けた構成なのかな。面白いけど、コキリと久世の関係やあの超能力なんやったの?という疑問が残りモヤモヤ。 …続きを読む
    ざるこ
    2023年01月31日
    39人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品