名著の話 芭蕉も僕も盛っている

名著の話 芭蕉も僕も盛っている

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年03月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784044007164

名著の話 芭蕉も僕も盛っている

  • 著者 伊集院 光
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年03月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784044007164

読んで語って見えてきた、深夜ラジオと芭蕉の名句、その意外な共通点とは?

NHK「100分de名著」で出会った約100冊より、伊集院光が、心に刺さった3冊を厳選。名著をよく知る3人と再会し、時間無制限で新たに徹底トークを繰り広げる、100分de語りきれない名著対談!

■松尾芭蕉『おくのほそ道』──蛙飛びこむ宇宙空間
 長谷川櫂(俳人)×伊集院光 

■ダニエル・デフォー『ペストの記憶』──伝染病のすべてをあらゆる書き方で
 武田将明(英文学者)×伊集院光

■コッローディ『ピノッキオの冒険』──ピノッキオは死にました。でも……
 和田忠彦(イタリア文学者)×伊集院光
NHK「100分de名著」で出会った約100冊より、伊集院光が、心に刺さった3冊を厳選。名著をよく知る3人と再会し、時間無制限で新たに徹底トークを繰り広げる、100分de語りきれない名著対談!

■松尾芭蕉『おくのほそ道』──蛙飛びこむ宇宙空間
 長谷川櫂(俳人)×伊集院光 

■ダニエル・デフォー『ペストの記憶』──伝染病のすべてをあらゆる書き方で
 武田将明(英文学者)×伊集院光

■コッローディ『ピノッキオの冒険』──ピノッキオは死にました。でも……
 和田忠彦(イタリア文学者)×伊集院光

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

■松尾芭蕉『おくのほそ道』──蛙飛びこむ宇宙空間
 長谷川櫂(俳人)×伊集院光 

  「古池に」でなく「古池や」なのはなぜ?
  芭蕉はどこが革命的だったのか
  心の地図と歌枕の廃墟
  『おくのほそ道』のフィクション
  なぜ松島に芭蕉の句がないのか
  虫と夏草にシンクロする俳句
  会ったことのない死者の前で
  ボーッとするから俳句が生まれる

■ダニエル・デフォー『ペストの記憶』──伝染病のすべてをあらゆる書き方で
 武田将明(英文学者)×伊集院光
          
  デフォーの細かさ
  「コロナの記憶」を残すとしたら?
  ペスト禍の笑い話
  「見えない」という根本的な不安
  帽子を盗んでいく女たち
  「死者を捨てる穴」のやりきれなさ
  書き手であるH ・F の死
  原発事故の記憶
  デフォー嫌いの夏目漱石
  『ロビンソン・クルーソー』との共通点
  どこからでも読める本

■コッローディ『ピノッキオの冒険』──ピノッキオは死にました。でも……
 和田忠彦(イタリア文学者)×伊集院光

  落語のような会話のリズム
  わかりやすい善人や悪人は描かない
  キツネとネコがあらわすもの
  サメの喩え
  「母を訪ねて三千里」とピノッキオ
  ディズニーの『ピノキオ』から消えたもの
  糸のきれたあやつり人形

同じシリーズの作品

「名著の話 芭蕉も僕も盛っている」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 取り上げられるは、芭蕉「奥の細道」、デフォー「ペストの記憶」の、コッローディ「ピノッキオの冒険」。「ペスト」はコロナ禍の頃の翻訳かと思いきや、東日本大震災後に準備を進めていたとのこと。社会的不安をめぐる人の「 取り上げられるは、芭蕉「奥の細道」、デフォー「ペストの記憶」の、コッローディ「ピノッキオの冒険」。「ペスト」はコロナ禍の頃の翻訳かと思いきや、東日本大震災後に準備を進めていたとのこと。社会的不安をめぐる人の「愚かさ」は、場所と時間を超える。イタリアでの「ピノキオ」の刊行は、アニメ「母をたずねて三千里」の原作と同時期であったとのこと。内容の方向性は随分と異なるそうだ。本書副題の「芭蕉も僕も盛っている」の意味は、本書を手に取ってご確認を。 …続きを読む
    kei-zu
    2023年12月20日
    29人がナイス!しています
  • 「名著の話 僕とカフカのひきこもり」と同じように、名著を読まない状態で「100分で名著」の番組内で説明を受け、それを踏まえて作品を読んだ伊集院さんと説明をしてくださった方との対談です。説明を聞いてわかった 「名著の話 僕とカフカのひきこもり」と同じように、名著を読まない状態で「100分で名著」の番組内で説明を受け、それを踏まえて作品を読んだ伊集院さんと説明をしてくださった方との対談です。説明を聞いてわかったつもりになっていても、実際に読んでみると腑に落ち方が違うという伊集院さんの気づきがあちらこちらにあって、わたしも紹介されていた本を読みたいなぁ。 …続きを読む
    Roko
    2023年06月17日
    29人がナイス!しています
  • NHK100分で名著ファン)100分で語りきれない対談は楽しすぎます。長谷川櫂と「おくのほそ道」、武田将明と「ペストの記憶」、和田忠彦と「ピノッキオの冒険」を喋りまくりる。なんとうらやましい。ちょっと有頂天に NHK100分で名著ファン)100分で語りきれない対談は楽しすぎます。長谷川櫂と「おくのほそ道」、武田将明と「ペストの記憶」、和田忠彦と「ピノッキオの冒険」を喋りまくりる。なんとうらやましい。ちょっと有頂天になり、興奮して言葉がうわ滑ってる感もあるけどご愛嬌。作品を愛する伊集院光にも好感。 …続きを読む
    アオイトリ
    2023年08月09日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

写真:伊集院 光

伊集院 光

伊集院 光:1967年生まれ。84年に六代目三遊亭円楽に弟子入りし、落語家・三遊亭楽大として活動。87年ごろから伊集院光としてタレント活動をはじめ、「伊集院光のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)、「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ)といったラジオ番組のパーソナリティをつとめる。2012年よりNHK Eテレ「100分de名著」に出演。『世間とズレちゃうのはしょうがない』(養老孟司との共著、PHP研究所)、『のはなし』(宝島社)などの本も出版している。

この著者の商品

最近チェックした商品