この世界からまた君がいなくなる夜に

この世界からまた君がいなくなる夜に 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2022年07月23日
商品形態:
電子書籍

この世界からまた君がいなくなる夜に

  • 著者 葉月 文
発売日:
2022年07月23日
商品形態:
電子書籍

別れに向けて紡ぐ、精一杯のラブストーリー。

 命の寿命を色で感じ取ってしまう女子高生の藤木六華はある夜、春風歩と名乗る青年と出会う。
 夜の散歩が趣味だという彼は誰もが持つはずの命の色を持たず、そんな歩の不思議な雰囲気に六華は興味を持ち惹かれていく。
 だがある日、町で見かけた彼はいつもと様子が違った。六華のことを覚えておらず、青色の命を纏い自分を“翔”だと告げ――。
 やがて明らかになる、歩の切なく残酷な秘密。それを知ったうえで、二人は限りある時間で奇跡のような恋をする。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「この世界からまた君がいなくなる夜に」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 命の寿命を色で感じ取ってしまう女子高生・藤木六華。ある夜、春風歩と名乗る青年と出会い、二人は限りある時間で奇跡のような恋をする青春小説。夜の散歩が趣味だという歩は誰もが持つはずの命の色を持たず、そんな 命の寿命を色で感じ取ってしまう女子高生・藤木六華。ある夜、春風歩と名乗る青年と出会い、二人は限りある時間で奇跡のような恋をする青春小説。夜の散歩が趣味だという歩は誰もが持つはずの命の色を持たず、そんな彼の不思議な雰囲気に興味を持ち惹かれていく六華。歩とはなぜ夜にしか出会えないのか、昼間に町で彼を見かけたことから明らかになる意外な真実があって、一見完璧に思えた六華の姉・若葉の苦悩も絡めながら、限りある時間の中で精一杯向き合うその想いはどこまでも真摯で、最後までらしくあろうとした二人がとても鮮烈な物語でした。 …続きを読む
    よっち
    2022年07月24日
    37人がナイス!しています
  • 葉月文さんの紡ぐ物語は、やはりどこまでも透き通っている。人の命の色が見える少女と、無色透明な色を持つ少年の恋物語。死というテーマを扱っているけれど、闇夜にきらめく星を見上げるような眩しさがあった。そし 葉月文さんの紡ぐ物語は、やはりどこまでも透き通っている。人の命の色が見える少女と、無色透明な色を持つ少年の恋物語。死というテーマを扱っているけれど、闇夜にきらめく星を見上げるような眩しさがあった。そしてあとがきの言葉がとても染み入った。絶望に苛まれた時、そっと寄り添ってくれる人って本当に大切でかけがえのないもの。ひとりひとりでは心折れることでも\あわせ\れば乗り越えていける。そんな繋がりを大切に生きていきたいと思えた。 …続きを読む
    リク
    2022年07月23日
    10人がナイス!しています
  • 相変わらずの葉月文、ある意味初志貫徹なストーリー。 相変わらずの葉月文、ある意味初志貫徹なストーリー。
    日坂愛衣
    2022年07月23日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品