決定版 V字回復の経営 2年で会社を変えられますか? 「戦略プロフェッショナル・シリーズ」第2巻

決定版 V字回復の経営 2年で会社を変えられますか? 「戦略プロフェッショナル・シリーズ」第2巻

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年04月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
424
ISBN:
9784041127957

決定版 V字回復の経営 2年で会社を変えられますか? 「戦略プロフェッショナル・シリーズ」第2巻

  • 著者 三枝 匡
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年04月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
424
ISBN:
9784041127957

7年連続の負け犬事業を救え!わずか2年で完全復活を果たした改革の全軌跡

7年連続の負け犬事業を救え! 2年で黒字化できなければ閉鎖
1兆円企業のトップが下した宣告に事業再生専門家と社内ミドルがタスクフォースを結成し、改革セオリーと熱き心で驚異の復活を成し遂げた、その全貌。
シリーズ累計約100万部の名著が書き下ろしノンフィクションで刷新!

なぜ、悲惨な敗北事業の再生に戦略プロフェッショナルは挑んだのか?
世の経営者も事業再生専門家も逃げ出す仕事がある。破綻同然で死の谷の底をさまよう負け犬事業の再生だ。だが、挑む者もいる。シリーズ第2巻の本書では、40代から事業再生専門家として危機の現場に身を投じ続けてきた男が50代で最大の試練に挑む。7年連続赤字、歴代の事業本部長は改革に失敗、事業閉鎖までの期限は2年。1兆円企業が抱えた窮地の事業の再生に、一体どう切り込むのか。
本書は日本航空や日産自動車と同様に、完全復活を成し遂げた改革の軌跡を明かす唯一無二の改革戦略書+人生論である。

【目次】
プロローグ
第一章 【壊創変革のステップ・1】成り行きのシナリオ 
第一節 堕ちた組織
第二節 二年で事業撤退の社長宣告
第二章 【壊創変革のステップ・2】組織を覗き・触り・嘗める
第三章 【壊創変革のステップ・3】改革フレームワークの共有 
第四章 【壊創変革のステップ・4】改革シナリオを組み立てる
第五章 【壊創変革のステップ・5】トップのサポートを得る
第六章 【壊創変革のステップ・6】社員を一気に束ねる 
第七章 【壊創変革のステップ・7】愚直に熱く実行する 
エピローグ 

本書は日本経済新聞出版社より2013年6月に刊行された『V字回復の経営【増補改訂版】』を全面的にノンフィクションの書きおろしに改め、更に「経営ノート」を始め大幅な加筆をした決定版です
7年連続の負け犬事業を救え! 2年で黒字化できなければ閉鎖
1兆円企業のトップが下した宣告に事業再生専門家と社内ミドルがタスクフォースを結成し、改革セオリーと熱き心で驚異の復活を成し遂げた、その全貌。
シリーズ累計約100万部の名著が書き下ろしノンフィクションで刷新!

なぜ、悲惨な敗北事業の再生に戦略プロフェッショナルは挑んだのか?
世の経営者も事業再生専門家も逃げ出す仕事がある。破綻同然で死の谷の底をさまよう負け犬事業の再生だ。だが、挑む者もいる。シリーズ第2巻の本書では、40代から事業再生専門家として危機の現場に身を投じ続けてきた男が50代で最大の試練に挑む。7年連続赤字、歴代の事業本部長は改革に失敗、事業閉鎖までの期限は2年。1兆円企業が抱えた窮地の事業の再生に、一体どう切り込むのか。
本書は日本航空や日産自動車と同様に、完全復活を成し遂げた改革の軌跡を明かす唯一無二の改革戦略書+人生論である。

【目次】
プロローグ
第一章 【壊創変革のステップ・1】成り行きのシナリオ 
第一節 堕ちた組織
第二節 二年で事業撤退の社長宣告
第二章 【壊創変革のステップ・2】組織を覗き・触り・嘗める
第三章 【壊創変革のステップ・3】改革フレームワークの共有 
第四章 【壊創変革のステップ・4】改革シナリオを組み立てる
第五章 【壊創変革のステップ・5】トップのサポートを得る
第六章 【壊創変革のステップ・6】社員を一気に束ねる 
第七章 【壊創変革のステップ・7】愚直に熱く実行する 
エピローグ 

本書は日本経済新聞出版社より2013年6月に刊行された『V字回復の経営【増補改訂版】』を全面的にノンフィクションの書きおろしに改め、更に「経営ノート」を始め大幅な加筆をした決定版です

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

プロローグ
成算などないのが常だった/三つのドラマの進行/四人の改革リーダー像/黒岩莞太と著者の一人二役

第一章 【壊創変革のステップ・1】 成り行きのシナリオ
第一節 堕ちた組織
再び業績悪化/不発だった改革/若手ミドルのぼやき/黒岩莞太との出会い

三枝匡の経営ノート1 経営フレームワークとは

第二節 二年で事業撤退の社長宣告
アスター事業を選ぶ/いよいよ追い詰められて/改革の時間軸はたった二年

第二章 【壊創変革のステップ・2】組織を覗き・触り・嘗める
出席者の多い会議/管理者たちのすくみ合い/競合他社の話はどこへ/真の赤字要因を追わず/多すぎるプロジェクト/戦略不在が招く不信感/被害者意識の塊の営業担当/はびこる組織官僚/組織全体を貫くストーリーの欠如

三枝匡の経営ノート2 組織の政治性

第三章 【壊創変革のステップ・3】 改革フレームワークの共有
埋もれていた人材/フレームワークの必要性/[改革の第1フレームワーク]「創る、作る、売る」のサイクル/一気通貫の組織効果/一網打尽の解決/肥大化した機能別組織の欠陥/[改革の第2フレームワーク]勝ち戦の循環/各部署固有の問題/[改革の第3フレームワーク]熱き事業集団の構造/危険な吊り橋 etc.

三枝匡の経営ノート3 「強烈な反省論」を描く

第四章 【壊創変革のステップ・4】改革シナリオを組み立てる
組織のスピードへの感応性/個別最適だけではだめ/潰れっこないという妄想/改革者をどう守るか/修羅場の教育効果/自分の壁を越える etc.

三枝匡の経営ノート4 1-2-3枚目ロジックを重ねる

第五章 【壊創変革のステップ・5】トップのサポートを得る
知られざる赤字/杜撰な現場経営/撤退か改革か/シナジーなど幻想だった/ヒエラルキーを崩す/事業の「絞りと集中」/トップの共感 etc.

三枝匡の経営ノート5 改革推進者と抵抗者のパターン

第六章 【壊創変革のステップ・6】社員を一気に束ねる
淡々たる退場者/過激派の出現か/拗ねと甘え/気骨の人事/壟断/覚悟の連鎖/旧組織の早すぎる崩壊/史上最大の落ち込み etc.

三枝匡の経営ノート6 成功9つのステップ

第七章 【壊創変革のステップ・7】愚直に熱く実行する 
覚悟のスタート/驚きの変化/新しい「販売ストーリー」を生み出す/具体的仕掛けの埋め込み/黒字達成!/次の一手/魂の伝授 etc.

三枝匡の経営ノート7 対談『壊創変革』の実行現場から

エピローグ 
改革の王道/成功の要因とステップ/高い志と魂の伝授

同じシリーズの作品

「決定版 V字回復の経営 2年で会社を変えられますか? 「戦略プロフェッショナル・シリーズ」第2巻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★日本の「失われた●年」の原因は?高度成長期を支えた名だたる会社の数々が軒並み大企業病にかかり、業績不振に陥っていったことにある。社員一人一人が自分たちの行動と伸び悩む業績を結びつけて理解することがで ★★日本の「失われた●年」の原因は?高度成長期を支えた名だたる会社の数々が軒並み大企業病にかかり、業績不振に陥っていったことにある。社員一人一人が自分たちの行動と伸び悩む業績を結びつけて理解することができず、いたずらに経営者や上司を批判し、他部署へ責任転嫁を続けた。そこから立ち直るためには、個々人の行動と業績の間の因果関係を明確にし、確固たる戦略に基づいて各人の取るべき行動を明らかにする必要がある。「スモール・イズ・ビューティフル」の組織論は説得力があった。一方で本書のアツさについていけない自分を感じた。 …続きを読む
    しゅー
    2023年06月11日
    3人がナイス!しています
  • 建設機械大手のコマツでのノンフィクションだ。 7年連続赤字の子会社を過去に多くの社長、事業部長が改革を試みたが、失敗した。これだけ長い期間、赤字を出し、社員もすでに諦めている中での再生は、本当に厳しかっ 建設機械大手のコマツでのノンフィクションだ。 7年連続赤字の子会社を過去に多くの社長、事業部長が改革を試みたが、失敗した。これだけ長い期間、赤字を出し、社員もすでに諦めている中での再生は、本当に厳しかったと思う。通常であれば 、その事業自体を閉鎖するのが 常道だと思う。抵抗勢力も出たが、 彼らも今までの改革を失敗してきたため、 今回も心の底から信用できなかったのだろう。 しかも 外部からやってきた人間に何ができるのかという気持ちもあったと思う。何かを大きく変革するには、凄まじい執念と情熱が必要だと感じた。 …続きを読む
    日々是好日
    2024年02月10日
    1人がナイス!しています
  • 滅茶苦茶面白かったし、滅茶苦茶泣きました。実行する前にどれだけ考え抜いたか、それこそ血を吐くくらいまで考えた答えか、準備が最も重要なことだと学び取りました。同じくらい人選も大事ということも。気骨のある 滅茶苦茶面白かったし、滅茶苦茶泣きました。実行する前にどれだけ考え抜いたか、それこそ血を吐くくらいまで考えた答えか、準備が最も重要なことだと学び取りました。同じくらい人選も大事ということも。気骨のある人事ができなければ改革は成功しない。決して諦めない強い心が必須。 …続きを読む
    もなこ
    2023年09月06日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品