ドゥテルテ 強権大統領はいかに国を変えたか

ドゥテルテ 強権大統領はいかに国を変えたか

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年11月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
280
ISBN:
9784040824451
label

ドゥテルテ 強権大統領はいかに国を変えたか

  • 著者 石山 永一郎
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2022年11月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
280
ISBN:
9784040824451

なぜ強権政治が歓迎されるのか

「抵抗する者はその場で殺せ」
暴言大統領と呼ばれ、麻薬撲滅戦争で6000人以上殺す一方で、治安改善・汚職解消・経済発展を成し遂げ、国民の78%が実績に満足と回答。
実は左派的な国内政策で貧困層・エリート層の双方から支持を集め、対米追従から親中外交へ転換。
なぜ強権的指導者が歓迎されるのか? 現地に在住した記者が綴る、フィリピンの実像。

【目次】
序 章 いままでにない大統領
第1章 ドゥテルテの町ダバオ
第2章 麻薬戦争
第3章 左派的だった国内政策
第4章 親中に転換させた外
第5章 高度経済成長と新型コロナ
第6章 ドゥテルテ・ナショナリズム
第7章 ドゥテルテ後のフィリピン
おわりに
「抵抗する者はその場で殺せ」
暴言大統領と呼ばれ、麻薬撲滅戦争で6000人以上殺す一方で、治安改善・汚職解消・経済発展を成し遂げ、国民の78%が実績に満足と回答。
実は左派的な国内政策で貧困層・エリート層の双方から支持を集め、対米追従から親中外交へ転換。
なぜ強権的指導者が歓迎されるのか? 現地に在住した記者が綴る、フィリピンの実像。

【目次】
序 章 いままでにない大統領
第1章 ドゥテルテの町ダバオ
第2章 麻薬戦争
第3章 左派的だった国内政策
第4章 親中に転換させた外
第5章 高度経済成長と新型コロナ
第6章 ドゥテルテ・ナショナリズム
第7章 ドゥテルテ後のフィリピン
おわりに

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

序 章 いままでにない大統領
第1章 ドゥテルテの町ダバオ
第2章 麻薬戦争
第3章 左派的だった国内政策
第4章 親中に転換させた外交
第5章 高度経済成長と新型コロナ
第6章 ドゥテルテ・ナショナリズム
第7章 ドゥテルテ後のフィリピン
おわりに

「ドゥテルテ 強権大統領はいかに国を変えたか」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ドゥテルテにはあまりいい印象は無かったが、実際は良い政治家だったのかもしれません。いずれにしても、人物像は多方面から見ないといけないなと改めて思います。 ドゥテルテにはあまりいい印象は無かったが、実際は良い政治家だったのかもしれません。いずれにしても、人物像は多方面から見ないといけないなと改めて思います。
    はまななゆみ
    2023年02月18日
    5人がナイス!しています
  • Author seems to read Tagalog as Ang Pilipinas is listed as references. I watched AMO and agree the free speech to criticize police. But still I suppose he much leans to du30. He is certainly the memb Author seems to read Tagalog as Ang Pilipinas is listed as references. I watched AMO and agree the free speech to criticize police. But still I suppose he much leans to du30. He is certainly the member of Dynasty in Davao and gave up to keep WPS islands. …続きを読む
    nori
    2023年01月11日
    5人がナイス!しています
  • 日本では否定的なイメージも多いドゥテルテだが,現地に在住してフィリピンを肌感覚で知る著者は肯定的に評価している。意外だったのは,右派的な印象のドゥテルテだが,国民皆保険の導入や国公立大学無償化や産休の 日本では否定的なイメージも多いドゥテルテだが,現地に在住してフィリピンを肌感覚で知る著者は肯定的に評価している。意外だったのは,右派的な印象のドゥテルテだが,国民皆保険の導入や国公立大学無償化や産休の大幅延長など政策は社会民主主義的だったこと。また,都市部では言論の自由は十分守られていること。麻薬戦争に代表されるショック療法を欧米諸国は非難するが,国の宿痾とも言える治安の悪さに長年苦闘していたフィリピン国民の実情を知らないと,国民からの圧倒的な支持の大きさは理解できない。 …続きを読む
    お抹茶
    2022年12月30日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品