本物の聖女じゃないとバレたのに、王弟殿下に迫られています

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年06月15日
判型:
A6変形判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784047371040

本物の聖女じゃないとバレたのに、王弟殿下に迫られています

  • 著者 葛城 阿高
  • イラスト 駒田 ハチ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年06月15日
判型:
A6変形判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784047371040

嫌われてたはずなのにこんなに甘く口説かれるなんて計算外なんですけど!?

聖なる力を持たない聖女セルマ。公言する必要はないので周囲には秘密だ。
だがそんな彼女を怪しむ男がいた――王弟殿下のテオフィルスだ。
彼は信者として教団に入り、何かとセルマを疑ってくる。
ところが、やむにやまれぬ事情でついに本物じゃないとバレちゃった!! 
なのに彼は「君を理解するのは俺だけでありたい」とむしろ迫ってくるようになり!?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「本物の聖女じゃないとバレたのに、王弟殿下に迫られています」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 聖なる力を持たないが優れた洞察力で役目を全うする聖女セルマ。そんな彼女の能力を怪しむ王弟テオフィルスことテオが教団に入信し、聖女付きになったことから始まるラブコメ。独善的なセルマと素直すぎるテオの掛け 聖なる力を持たないが優れた洞察力で役目を全うする聖女セルマ。そんな彼女の能力を怪しむ王弟テオフィルスことテオが教団に入信し、聖女付きになったことから始まるラブコメ。独善的なセルマと素直すぎるテオの掛け合いの面白さ。特に正体がバレてからはお互いに遠慮がなくなったせいか小気味いい。テオが彼女に惹かれるようになってからの猛烈な攻めは唐突な感じは否めないが不器用さゆえだろう。物語の肝の悪魔との戦いはセルマの掘り下げ要素もあるが二人の距離を近づける意味ではあのくらいあっけないもので良いのかも。続きは出るのだろうか。 …続きを読む
    nishiyan
    2022年06月24日
    20人がナイス!しています
  • セルマは好みの主人公だったんだけどお相手のテオが苦手でなかなか進まなかったなー。現実主義で割り切って聖女になりきっているセルマは格好いい。独善的かもしれないけど自分でできる範囲で頑張ろうとしてる姿は応 セルマは好みの主人公だったんだけどお相手のテオが苦手でなかなか進まなかったなー。現実主義で割り切って聖女になりきっているセルマは格好いい。独善的かもしれないけど自分でできる範囲で頑張ろうとしてる姿は応援したくなっった。それに比べてテオの心変わりがなあ…頭大丈夫?天然というより単純。そして気持ちの押し付け方が鬱陶しくてしつこくてイライラしたなあ。自分も嫌な思いしたんだよね?同じ事してるし。結局セルマはテオを好きになっちゃったか残念。自分を曝け出せる唯一の相手だから仕方ないのかなぁ…。 …続きを読む
    莉芳
    2022年07月28日
    17人がナイス!しています
  • 最近よく聖女と入ってるタイトルを見るな、と思って殆ど読まないジャンルだが半分勉強として読んでみた。全体的に展開が速め。現実思考なセルマは好き。中盤までの聖女に反発しつつも言いくるめられる王弟、という構 最近よく聖女と入ってるタイトルを見るな、と思って殆ど読まないジャンルだが半分勉強として読んでみた。全体的に展開が速め。現実思考なセルマは好き。中盤までの聖女に反発しつつも言いくるめられる王弟、という構図は割と良かったが、それ以降のテオの心境変化が唐突でついていけず。女性に迫られた恐怖体験があるのにセルマとの距離を勝手に詰めてくるのが怖いし、彼の良さが分からなかった。くっつくのはジャンル的に決まってるのに受け入れないでセルマ!と思ってしまったほど。セルマが悪魔に襲われるシーンは官能的で良かった。星:3/5 …続きを読む
    冬野
    2022年07月11日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品