試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年06月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784049144673

本日は、離婚日和です。

  • 著者 神戸遥真
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年06月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784049144673

人生の節目の「式」。結婚式もお葬式もするなら、「離婚式」もアリ!?

 憧れのウエディングプランナーとして働いていたが、担当したカップルが次々と離婚。新婚クラッシャーと呼ばれ、職を失った別居鳴美(26)。人生に行き詰まるなか、思いがけず決まった再就職先は――離婚式プランニング事務所!?
 美形だが掴みどころのない所長・桐山と二人で鳴美は離婚式を取り仕切ることに。旧郎旧婦、裂人、お色崩し。未知の世界に戸惑うものの、様々な夫婦の想いに触れた鳴美は心動かされていき……。
 人生の再スタートを応援する、離婚式プランナー物語!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「本日は、離婚日和です。」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ラストバイトが出てきて、そう言えば、(本編内のとは違うけど)結婚式の(ファーストではなく)ラストバイトで両親とケーキ食べさせるやつ、最近どこかで見た(読んだ?)と思ったけど、どこだったか思い出せない。 ラストバイトが出てきて、そう言えば、(本編内のとは違うけど)結婚式の(ファーストではなく)ラストバイトで両親とケーキ食べさせるやつ、最近どこかで見た(読んだ?)と思ったけど、どこだったか思い出せない。。旧郎旧婦の思いとか、家族とか、周りの人の思いとか、複雑だなって思ったけど、最後の一組は特にそう来たかって感じ。旧婦は結構さっぱりしてるけど、旧郎はもちろん、旧婦のパートナーも結構複雑なんじゃないかと思ったり、逆にそこはっきりして良かったのかなとも思ったり。主人公二人はどうなるのか、続きも読みたいです。 …続きを読む
    ツン
    2022年06月26日
    90人がナイス!しています
  • 元ウェディングプランナーたちが繰り広げる離婚式にまつわるすったもんだ。途中で(わりと早い段階で)桜さんとの関係性に気付いてからは結末は読めていたが、スッキリ終わって何より。小規模っぽいとはいえ、ひとり 元ウェディングプランナーたちが繰り広げる離婚式にまつわるすったもんだ。途中で(わりと早い段階で)桜さんとの関係性に気付いてからは結末は読めていたが、スッキリ終わって何より。小規模っぽいとはいえ、ひとりで式取り仕切るの大変そうだなー、司会までやるんでしょ?、でも複数人だと採算とれないか、とか余計なことは考えた。展開に無理もないし読みやすくてすんなり読めます。 …続きを読む
    たかね
    2022年06月26日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品