所轄刑事・麻生龍太郎 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2022年07月21日
商品形態:
電子書籍

所轄刑事・麻生龍太郎

  • 著者 柴田 よしき
発売日:
2022年07月21日
商品形態:
電子書籍

書き下ろし短編収録!

どんな小さな事件でも、続けて似たような事件が頻発すれば、その背後に歪んだ犯人の心が透けて見えて来る――。東京の下町、門前仲町の商店街の裏路地で連続した植木鉢の損壊事件。所轄高橋署の新米刑事、麻生龍太郎は相棒の今津とともに捜査を開始するが、やがて傷つく人々の姿が浮かび上がる……。(「大根の花」)みずからも秘密を抱えた敏腕刑事・麻生龍太郎が哀しき事件を追う警察ミステリー。書き下ろし短編収録。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「所轄刑事・麻生龍太郎」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 新潮文庫から角川文庫へ。新装版ではなく、版元が変わったので「二次文庫化」と呼ぶそうです。で、20代の麻生と久しぶりの再開。5話中、3話に犬が出てくる。ホーリー可愛い。それにしても、安易に動物を飼うのは 新潮文庫から角川文庫へ。新装版ではなく、版元が変わったので「二次文庫化」と呼ぶそうです。で、20代の麻生と久しぶりの再開。5話中、3話に犬が出てくる。ホーリー可愛い。それにしても、安易に動物を飼うのはよくないよねえ。特別書き下ろし『小綬鶏』麻生の人柄が凝縮されていて、とてもよかった。及川の新しいパートナーの「純くん」呼びにシビれた。 …続きを読む
    kei302
    2022年08月13日
    54人がナイス!しています
  • 特別書き下ろしは30p弱の『小綬鶏』。コジュケイといわれてもピンとこなかったが「ちょっと来い」でわかった。アイツかあ。姿は見たことがないけど、鳴き声には馴染みがある。そういえば、最近、というか今住んで 特別書き下ろしは30p弱の『小綬鶏』。コジュケイといわれてもピンとこなかったが「ちょっと来い」でわかった。アイツかあ。姿は見たことがないけど、鳴き声には馴染みがある。そういえば、最近、というか今住んでいる町では聞かない。滅多に飛ばない鳥だったとは。別名を「警官鳥」というそうだ。鳥の写真を専門にするカメラマンの及川のパートナーが登場して、ちょっと良い感じです。麻生ってなんだかいつも泣きそうな感じがしてるなあ。 …続きを読む
    くたくた
    2022年07月26日
    45人がナイス!しています
  • 書き下ろしを読みたくて読みました。1度読んだことがあるのですが、再度読んでみると主人公の麻生龍太郎は、いつも孤独なんだろうと思いました。刑事としての才能はあるのに、及川がいても寂しい孤独の感じがしまし 書き下ろしを読みたくて読みました。1度読んだことがあるのですが、再度読んでみると主人公の麻生龍太郎は、いつも孤独なんだろうと思いました。刑事としての才能はあるのに、及川がいても寂しい孤独の感じがしました。この龍太郎の人生がどうなっていくのがわかっていても気になる人です。/あと、何人の登場人物のこの先が気になります …続きを読む
    ちゃさち
    2022年08月06日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品