忘れさせてよ、後輩くん。2 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2022年07月01日
商品形態:
電子書籍

忘れさせてよ、後輩くん。2

  • 著者 あまさきみりと
  • イラスト へちま
発売日:
2022年07月01日
商品形態:
電子書籍

忘れたくない、大切な思い出がこぼれていく――“忘却”の季節が訪れる。

高梨冬莉は僕の後輩だ。面倒見がよく、僕が春瑠先輩と“陽炎の夏”に遭遇したときも隣で支えてくれた、からかい甲斐のある可愛い後輩。そんな冬莉と過ごした思い出だけが、だんだん霞み始めていたんだ――。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「忘れさせてよ、後輩くん。2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 夏梅の後輩・冬莉に焦点を当てた今回。春瑠先輩の恋を描いた前作と対になる物語で、1巻と合わせて一つの章になるのだと感じました。夏梅の春瑠への想いを知っており、今の関係を変えたくないから自分の気持ちを夏梅 夏梅の後輩・冬莉に焦点を当てた今回。春瑠先輩の恋を描いた前作と対になる物語で、1巻と合わせて一つの章になるのだと感じました。夏梅の春瑠への想いを知っており、今の関係を変えたくないから自分の気持ちを夏梅に伝えられない。そんな冬莉の想いの深さに魂を大いに揺さぶられました。この先、夏梅を中心とした人間関係がどうなって行くのか。彼らの物語を最後まで見届けたい。 …続きを読む
    芳樹
    2022年07月10日
    29人がナイス!しています
  • 夏休みが明け、受験勉強に勤しみながら後輩・冬莉と過ごす時間が増えてゆく夏梅。他愛ない日々の中、いつものように体育館でピアノ弾いていた冬莉は、文化祭の合唱伴奏を頼まれる第二弾。面倒見がよくて、春瑠先輩と 夏休みが明け、受験勉強に勤しみながら後輩・冬莉と過ごす時間が増えてゆく夏梅。他愛ない日々の中、いつものように体育館でピアノ弾いていた冬莉は、文化祭の合唱伴奏を頼まれる第二弾。面倒見がよくて、春瑠先輩と陽炎の夏に遭遇したときも支えてくれた彼女に訪れた忘却の夏と、動き出すもう一つの片想い。苦い過去を乗り越えようとして苦悩する冬莉を支えてくれる周囲の人たちが印象的でしたけど、肝心なところで素直になれなかった彼女の後悔があって、大切なことを教えられて勇気を持ってぶつかって新たな一歩を踏み出した結末が印象的でした。 …続きを読む
    よっち
    2022年07月02日
    26人がナイス!しています
  • 文化祭で合唱の伴奏を頼まれた冬莉の過去との決別を描いた今回の物語。 伴奏を頼まれたにも関わらず人前でピアノを弾くことが出来ない冬莉。そんな冬莉の過去は想像以上に重たいものでしたけど、冬莉がピアノを弾く 文化祭で合唱の伴奏を頼まれた冬莉の過去との決別を描いた今回の物語。 伴奏を頼まれたにも関わらず人前でピアノを弾くことが出来ない冬莉。そんな冬莉の過去は想像以上に重たいものでしたけど、冬莉がピアノを弾く意味になろうとする友人に支えられて迎えた文化祭はグッとくるものがありました。 その一方で、冬莉がもう一つ向き合わなければならない夏梅への想い。冬莉が一歩踏み出せずにいるが故に夏梅に起きた現象は辛すぎるもので。そんな夏梅への後悔を残さない為の冬莉の決断は胸にくるものがありました。 …続きを読む
    オセロ
    2022年07月03日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品