夜の名前を呼んで 2 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年11月15日
商品形態:
電子書籍

夜の名前を呼んで 2

  • 著者 三星 たま
発売日:
2021年11月15日
商品形態:
電子書籍

初めての友達。初めての冒険。初めての仕事。孤独な少女ミラの世界が広がる

新たな出会いがミラの世界を鮮やかに彩る第2巻!

不安を感じると、人や空間を真っ暗にしてしまう“夜”を呼ぶ少女・ミラ。
その病を治すため、担当医レイと森の奥にふたりで暮らしている。

病のせいでレイ以外の他人と話ができないミラのもとに、
ヤギのぬいぐるみの姿をした客人がやってきた!
可愛い見た目にミラの緊張も徐々に解けていき、
その客人が話す「ほしうたのいし」の話に夢中になっていく。
星のかけらと石が一体化してできた「ほしうたのいし」の魅力とは? 
さらにその客人にも隠された秘密があって……。

他にもミラのお仕事体験「魔法薬のせかい」、ミラが初めて勇気を振り絞った「風邪の日。」や、
自分を傷つけることしか知らなかったミラと、彼女を救おうとするレイの出会いを描いた過去編も収録!

メディアミックス情報

NEWS

「夜の名前を呼んで 2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「春の氷を固めて作った乳鉢」…発想も見た目も素敵ですね。その体質故に周囲の人たちに心無い言葉を投げられ、人と接するのが怖いミラですが、両親含め優しく見守ってくれる人達もいる。早くお庭の外に行けると良い 「春の氷を固めて作った乳鉢」…発想も見た目も素敵ですね。その体質故に周囲の人たちに心無い言葉を投げられ、人と接するのが怖いミラですが、両親含め優しく見守ってくれる人達もいる。早くお庭の外に行けると良いですね。 …続きを読む
    ルシュエス
    2021年11月15日
    11人がナイス!しています
  • 今回も良かった。ハルタらしいというか、ビーム系の作品という感じがしますね。ミラと師匠の暮らしが良いものであるといいな。 今回も良かった。ハルタらしいというか、ビーム系の作品という感じがしますね。ミラと師匠の暮らしが良いものであるといいな。
    こすけ
    2021年12月07日
    0人がナイス!しています
  • わくわくするようなファンタジー世界観で、可愛くてきらきらしていて、でもそれだけでなく深い優しさもある。暗い感情は否定しがち・されがちだけれど、「無理して自分をゆるすことはない、それは存在している感情を わくわくするようなファンタジー世界観で、可愛くてきらきらしていて、でもそれだけでなく深い優しさもある。暗い感情は否定しがち・されがちだけれど、「無理して自分をゆるすことはない、それは存在している感情を殺すのと一緒だ」「感じたものをなかったことにしなくていい」と肯定する、それがこの作品の優しさなのだと思う。ミラの「まっくろな色」を君の色はそんな色じゃないと否定するのではなく「たくさんの色がつまっているかも」と表現するのも同じく。夜がテーマだけど温かいお話。 …続きを読む
    ゆかり
    2021年12月05日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品