母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ2 せめて息子のラブコメに妹までまぜないでください

母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ2 せめて息子のラブコメに妹までまぜないでください 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年06月18日
商品形態:
電子書籍

母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ2 せめて息子のラブコメに妹までまぜないでください

  • 著者 夏色 青空
  • イラスト 米白粕
発売日:
2021年06月18日
商品形態:
電子書籍

夏の定番ラブコメイベントに母と妹まで参戦してきて人生詰んだ!

母親に代わりエロラノベ作家デビューしたのもつかの間、今度は妹の美悠羽がエロイラスト大賞ノミネート!? プールに夏祭りに、って俺と凜夏の夏のラブコメ計画に、頼むから家族そろってまざらないでもらえます!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ2 せめて息子のラブコメに妹までまぜないでください」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 美礼が学校で騒動を起こしたり、凛夏の次回作の為の取材に関わったりする中、美悠羽が新進気鋭の漫画家、レーニャに絡まれる今巻。―――家族だからこそ、その強さを見せろ、乾いた心へ。ラブコメしようとしたら美礼 美礼が学校で騒動を起こしたり、凛夏の次回作の為の取材に関わったりする中、美悠羽が新進気鋭の漫画家、レーニャに絡まれる今巻。―――家族だからこそ、その強さを見せろ、乾いた心へ。ラブコメしようとしたら美礼に邪魔されたり、更には美悠羽に乱入されたり。そんな更に高まったドタバタの中、メスガキ系少女、レーニャに関わる問題に立ち向かう事になる巻であり、馬鹿にされた家族の力で挑んでいく、前巻にも増して絶妙なバランスで駆け抜けていく、コメディとしてまた一つ完成度を上げてくる巻である。次の喜劇は何か。 次巻も楽しみである。 …続きを読む
    真白優樹
    2021年06月21日
    6人がナイス!しています
  • 面白かった。/今回は凛夏、よく頑張った。祝!脱“空気ヒロイン”(!?)。/このシリーズ、コメディ色濃いめのドタバタを展開して散々笑わせる一方で、家族とは、という真面目なテーマを提示してゆく…という展開 面白かった。/今回は凛夏、よく頑張った。祝!脱“空気ヒロイン”(!?)。/このシリーズ、コメディ色濃いめのドタバタを展開して散々笑わせる一方で、家族とは、という真面目なテーマを提示してゆく…という展開が上手いと思う。/今巻は妹の問題を解決しつつ、クソ生意気な新ヒロイン・レーニャまでも巻き込んでいつの間にか春馬のハーレム要員(!!)に加えているではないか。(願わくは風紀委員の彼女や新聞部の彼女もフィーチャーして)。/さて妹回の次は元(!)空気ヒロイン・凛夏がメインを張る番…だといいなぁ。 …続きを読む
    熱東風(あちこち)
    2021年06月20日
    4人がナイス!しています
  • これ妹じゃなくてレーニャがヒロインだよね?声優は昔ならすみぺだけど今なら誰だろう。あとあっかりーんのような影の薄い彼女もなにげに健気で好きです。えろいとかえっちとか書かれてますが、1巻からずっと家族と これ妹じゃなくてレーニャがヒロインだよね?声優は昔ならすみぺだけど今なら誰だろう。あとあっかりーんのような影の薄い彼女もなにげに健気で好きです。えろいとかえっちとか書かれてますが、1巻からずっと家族とはなにかきちんと描いていて、作者にはそういう意識は全くないでしょうが社会派的側面もあったりしてとてもよいシリーズかと。主人公が周囲に『作家』として面白がられて消費されていく過程はちょっと筒井康隆思い出させる。大本はドン・キホーテですが。ちなみにモブキャラでは風紀委員が一番好きです。 …続きを読む
    淡雪
    2021年06月23日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品