角川俳句コレクション 草田男深耕

関連作品有り

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年11月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
188
ISBN:
9784048844291

関連作品有り

角川俳句コレクション 草田男深耕

  • 著者 渡辺 香根夫
  • 編 横澤 放川
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年11月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
188
ISBN:
9784048844291

中村草田男、その魂の二十年を深耕する。難解句の本質に迫る決定版!

<葡萄食ふ一語一語の如くにて> 草田男
草田男の俳句を読んでいて思うのは、「眼の人」として物を見つめることが、
言葉に光をというディヒターの悲劇とつねに一体であるということです。
眼が対象を受動的に映すのではなく、対象から働きかけられて働きかえる力であるとき、
それは、<まなざし>です。(講演「草田男のまなざし」より)
編は「森の座」代表の俳人・横澤放川。

もくじ

1 序に代えて―草田男のまなざし(講演1)
2 草田男深耕1 昭和38年~45年の作品を読む
3 晩年の草田男―向性の正と負(講演2)
4 草田男深耕2 昭和46年~58年の作品を読む
5 千の空から―千空、リルケ、草田男(講演3)
6 草田男再耕1 昭和38年~42年の作品を読む
7 許されと引受け―ラザロ体験の射程(評論1)
8 草田男再耕2 昭和43年~58年の作品を読む
9 「中庸ならぬ中庸の道」その他―パスカルを読む草田男(評論2)

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品