世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する7

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する7 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2022年07月29日
商品形態:
電子書籍

世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する7

  • 著者 月夜 涙
  • イラスト れい亜
発売日:
2022年07月29日
商品形態:
電子書籍

勇者との共闘ミッション!?人類に仇なす友を抹殺せよ!

 世界宗教の「教皇」に成りすました魔族を葬ったルーグは英雄として讃えられていた。
一方、自らが魔王となる事を目論む蛇魔族のミーナは【生命の実】生成の為、ノイシュ・ゲフィスの嫉妬心を利用し領民達の大虐殺を命じる。 
「民殺しの罪は命でも贖えません、あの子を殺してください」
 この未曾有の危機を阻止する為、ローマルング公爵家はルーグに友であるノイシュの暗殺を依頼するのだが!?
「暗殺貴族トウアハーデの誇りにかけて、国の病巣を切除しよう。容赦も、慈悲も、郷愁もない――ただ、殺す」
ルーグは勇者と共に、人類の敵となったノイシュの暗殺計画に動き出す!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「世界最高の暗殺者、異世界貴族に転生する7」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 久しぶりの新刊。なかなか出ない思っていたけどそういう理由だったのね。まあ出てくれてなによりでした。教皇に成りすました魔族を葬ったルーグだったがアラム今日のゴタゴタに巻き込まれてしまう。その間に自らが魔 久しぶりの新刊。なかなか出ない思っていたけどそういう理由だったのね。まあ出てくれてなによりでした。教皇に成りすました魔族を葬ったルーグだったがアラム今日のゴタゴタに巻き込まれてしまう。その間に自らが魔王になる事を目論むミーナが着々と準備を進めており...な第7巻。魔族と戦ってないエポナだけど強さがヤバすぎるだろ、それを相手にしてたノイシュもヤバすぎ。ノイシュとの一戦はなんとも言えんものをルーグに残したな。次巻はミ-ナとの決戦だが果たしてどうなるのかな? …続きを読む
    アウル
    2022年07月31日
    11人がナイス!しています
  • アラム教の教皇に成りすました魔族を葬ったルーグ。その後始末で英雄に祭り上げられてしまうものの、聖都で束の間の平穏を楽しんでいたのだが、その裏で魔王になることを望む蛇魔族ミーナに使嗾されたノイシュが領民 アラム教の教皇に成りすました魔族を葬ったルーグ。その後始末で英雄に祭り上げられてしまうものの、聖都で束の間の平穏を楽しんでいたのだが、その裏で魔王になることを望む蛇魔族ミーナに使嗾されたノイシュが領民虐殺の蛮行を働く本巻。聖都ではマーハが登場してのほのぼの展開だったが、ローマルング公爵家の情報網の凄さを再認識させられたりと対魔族以外にも面倒ごとが多そうで…。ノイシュとの激闘だが、ルーグが転生後に人間性を獲得してきたことの集大成を見た感じで、対勇者戦となったときに一波乱ありそうで面白い。次巻が楽しみ。 …続きを読む
    nishiyan
    2022年08月09日
    9人がナイス!しています
  • 世界宗教の教皇に成りすました魔族を葬った後始末。そして厄介な同族が減り、自ら魔王にならんとする蛇魔族・ミーナの思惑により友であるノイシュは堕ちていく…第7巻。ルーク達も研鑽を重ね強くなるものの、毎度ギ 世界宗教の教皇に成りすました魔族を葬った後始末。そして厄介な同族が減り、自ら魔王にならんとする蛇魔族・ミーナの思惑により友であるノイシュは堕ちていく…第7巻。ルーク達も研鑽を重ね強くなるものの、毎度ギリギリ間に合った準備のお陰で相手に迫れる…今回もヒリヒリさせられる戦い。しかし聖都の解決を機に一気にまた進攻が始まって、クライマックスを感じさせるかも。ちょっと刊行に間が空きましたが作者さん、療養してたのですね…暗殺貴族も気になるけれど回復術士の方も面白い所で止まっているので、どちらも続きを楽しみにしてます。 …続きを読む
    彼方
    2022年07月29日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品