発達障害の子と親の心が軽くなる ちゃんと伝わる言葉かけ

発達障害の子と親の心が軽くなる ちゃんと伝わる言葉かけ 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年08月30日
商品形態:
電子書籍

発達障害の子と親の心が軽くなる ちゃんと伝わる言葉かけ

  • 著者 Shizu
  • 監修 有光 興記
発売日:
2021年08月30日
商品形態:
電子書籍

発達障害の子どもとその親の不安を吹き飛ばし、楽に生きるための指南書

発達障害児向けの本として定番化している『発達障害の子どもを伸ばす魔法の言葉かけ』(2013)の続編ともいえる一冊。
発達障害の子どもたちは、生まれつきの特性、不器用さ、衝動性などにより叱られることが多く、自己肯定感が低くなりがち。
そして子どもだけでなく保護者も、心の中が自分を否定する声で支配されてしまうこともあります。「ぼくはダメな子だ」「私はダメな母親だ」「将来きっと不幸になるに違いない」……こんなネガティブな心の声をいったん脇に置き、あるキャラクターのせいにすることで心が緩み、客観的に自分を見ることができます。
自分の特性、認知傾向を親子ともに客観的に把握した上で、心が軽くなる意識の持ち方を紹介しつつ、療育で主流となっているABA(応用行動分析)のアプローチによる、問題行動の解決法や「できない」を「できた!」に変える具体的な言葉かけも紹介。将来への不安を解消できるように、発達障害当事者の話も盛り込んでいます。

メディアミックス情報

NEWS

この著者の商品

最近チェックした商品