終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#10

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年07月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
324
ISBN:
9784041114100

終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#10

  • 著者 枯野 瑛
  • イラスト ue
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年07月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
324
ISBN:
9784041114100

終わりゆく世界を救うために、この幸せな楽園を[壊す/護る]。

浮遊大陸群を救う、最後の戦いが始まった。〈最後の獣〉の結界内に広がるのは、在りし日の地上を模した風景。散り散りになる妖精兵たち、ティアットの前にはエマと名乗る女性と、白いマントの少年が現れて――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「終末なにしてますか? もう一度だけ、会えますか?#10」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 【電子】<最後の獣>の結界に囚われた2番浮遊島へ乗りこんだティアットたち次世代の妖精兵。散り散りになった彼女たちがそこで見たものは…。#08で明らかになったこの獣の特徴からこうなる展開は分かっていたけ 【電子】<最後の獣>の結界に囚われた2番浮遊島へ乗りこんだティアットたち次世代の妖精兵。散り散りになった彼女たちがそこで見たものは…。#08で明らかになったこの獣の特徴からこうなる展開は分かっていたけれど、核となったスウォンや星神が抱えてきた思いの強さが印象深く、胸が締め付けられるように感じました。そして『異伝』とのリンクがさらに切なさに拍車をかけることになっていて、読了後の余韻からなかなか戻れない…。次回は遂に最終局面を迎えることになりますが、どのような結末が待っているのか。怖いような楽しみなような…。 …続きを読む
    芳樹
    2021年07月01日
    32人がナイス!しています
  • ついに島が沈み始める浮遊大陸群を救う、最後の戦い。〈最後の獣〉が張る結界の内に広がる在りし日の地上に、妖精兵たち見るものとは…第10巻。ブローチを託されたアルミタの奮闘や大賢者との出会い、この虚構の世 ついに島が沈み始める浮遊大陸群を救う、最後の戦い。〈最後の獣〉が張る結界の内に広がる在りし日の地上に、妖精兵たち見るものとは…第10巻。ブローチを託されたアルミタの奮闘や大賢者との出会い、この虚構の世界そのものが獣の思いを示してるようで…思えば切ない決戦場。皆が鍵となる地神らを探す中、新たな選択を模索するパニバルの真意とは…そしてヴィレムの動きといい、何かどんでん返しが待っているのだろうか…。とりあえず、妖精たちに悲劇はなさそうで安心な気はする…最終巻は来月の連続刊行らしく、期待してお待ちしてます。 …続きを読む
    彼方
    2021年07月03日
    9人がナイス!しています
  • 〈最後の獣〉の内側の世界で奔走する妖精兵たち。作り物とわかっていても心を痛める彼女たちの戦いがしんどい。そしてそんなしんどさのなかに笑いをくれるモップ(仮)くん。読者には正体バレバレで、そんな場合じゃ 〈最後の獣〉の内側の世界で奔走する妖精兵たち。作り物とわかっていても心を痛める彼女たちの戦いがしんどい。そしてそんなしんどさのなかに笑いをくれるモップ(仮)くん。読者には正体バレバレで、そんな場合じゃないけど微笑ましい。どんなときでも『らしさ』を貫く頼もしいコロンと、いかにも何か企みがあるパニバル。全員揃ったらどうなってしまうのか…そしてこれでほんとに次で完結するのか…。ハラハラしながら待とうと思います。エマもこんなところで出てくるとは思ってなかったよ…また再読しよ…。 …続きを読む
    ユウ@八戸
    2021年07月02日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品