新・入り婿侍商い帖 古米三千俵(三)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年02月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041113394

新・入り婿侍商い帖 古米三千俵(三)

  • 著者 千野 隆司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年02月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041113394

田を襲う野分、姿を消した強盗、絡まる恋の行方――「古米三千俵」完結篇!

米問屋・大黒屋の手代、銀次郎が大怪我から無事に回復。大黒屋に戻り善太郎やお波津も喜ぶ中、銀次郎に思わぬ縁談が持ち上がる。不審を覚えたお波津が調べていくと、そこには驚きの事実と複雑な女心が絡んでいて……。善太郎のもとには、新米収穫間近の仕入れ先の村が野分に襲われたとの知らせが届く。噂を聞きつけた商人が古米を買い占めようとする動きも出始め、善太郎たちは翻弄される。果たして大黒屋と羽前屋の古米の行方は――。激闘の「古米三千俵」篇、完結!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一話 野分の痕
第二話 古米高騰
第三話 倉庫の火

メディアミックス情報

NEWS

「新・入り婿侍商い帖 古米三千俵(三)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2022年2月角川文庫刊。書き下ろし。新シリーズ9作目。通算25作目。ようやく三千俵の決着がついた。が、天の采配的なもので、ごまかされたような感じ。古米高騰に乗じる悪人の暗躍を解決したり、その中にあっ 2022年2月角川文庫刊。書き下ろし。新シリーズ9作目。通算25作目。ようやく三千俵の決着がついた。が、天の采配的なもので、ごまかされたような感じ。古米高騰に乗じる悪人の暗躍を解決したり、その中にあってお波津と銀次郎が納得のできる道筋をつけられたのは良かったが、それもはぐらかされたような感じがあって、もやもやする。次巻を楽しみにする。 …続きを読む
    ひさか
    2022年06月29日
    14人がナイス!しています
  • 古米三千俵も片付きやれやれといったところだ。次回からまた苦難の日々が始まるのだろうか。 古米三千俵も片付きやれやれといったところだ。次回からまた苦難の日々が始まるのだろうか。
    goodchoice
    2022年04月10日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品