奇書の世界史2 歴史を動かす“もっとヤバい書物”の物語

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年03月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784046051684

奇書の世界史2 歴史を動かす“もっとヤバい書物”の物語

  • 著 三崎 律日
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年03月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784046051684

奇書に潜む真実を知ったとき、「歴史っておもしろい」ではすまされない…。

ベストセラー『奇書の世界史』待望の第2弾がついに書籍化!前作を超える、驚きの奇書とその歴史を紹介。

『ノストラダムスの大予言』……世界一有名な占い師はどんな未来もお見通しだった!……のか?
『シオン賢者の議定書』……かの独裁者を大量虐殺へ駆り立てた人種差別についての偽書
『疫神の詫び証文』……伝染病の収束を願って創り出した、疫病神からのお便り
『産褥熱の病理』……ウイルス学誕生前に突き止めた「手洗いの重要性」について
『Liber Primus』……諜報機関の採用試験か? ただの愉快犯か? ネットに突如現れた謎解きゲーム
『盂蘭盆経』……儒教と仏教の仲を取り持った「偽経」
『農業生物学』……大飢饉勃発!科学的根拠なしの「“画期的な”農業技術」について
『動物の解放』……食事の未来を変えるかもしれない、動物への道徳的配慮について

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

『ノストラダムスの大予言』……世界一有名な占い師はどんな未来もお見通しだった!……のか?
『シオン賢者の議定書』……かの独裁者を大量虐殺へ駆り立てた人種差別についての偽書
『疫神の詫び証文』……伝染病の収束を願って創り出した、疫病神からのお便り
『産褥熱の病理』……ウイルス学誕生前に突き止めた「手洗いの重要性」について
『Liber Primus』……諜報機関の採用試験か? ただの愉快犯か? ネットに突如現れた謎解きゲーム
『盂蘭盆経』……儒教と仏教の仲を取り持った「偽経」
『農業生物学』……大飢饉勃発!科学的根拠なしの「“画期的な”農業技術」について
『動物の解放』……食事の未来を変えるかもしれない、動物への道徳的配慮について

メディアミックス情報

NEWS

「奇書の世界史2 歴史を動かす“もっとヤバい書物”の物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 第2弾は偽書というより、まさに数奇な運命をたどった本の紹介。中でも本が政治的に利用されたときの悲惨な結果は、背筋が寒くなる。まちがった論説が多くの人々の命を奪うことがあることを知っておきたい。トンデモ 第2弾は偽書というより、まさに数奇な運命をたどった本の紹介。中でも本が政治的に利用されたときの悲惨な結果は、背筋が寒くなる。まちがった論説が多くの人々の命を奪うことがあることを知っておきたい。トンデモ本の内容は確かに噴飯ものだが、それを真に受けたり、デタラメだと知りながら利用する人物の出現という、危険性をつねにはらんでいる。そして逆のパターンとして、のちに正しかったと名誉回復された本も存在する。コロナ禍のさなかである現在、ゼンメルワイス医師のエピソードは、科学の教訓としていっそう心に刻んでおきたい。 …続きを読む
    へくとぱすかる
    2022年03月06日
    51人がナイス!しています
  • 1よりも現在のわれわれに繋がる密接度が高い選書。動画で見た時とは違い1冊の本にまとめた時の構成の巧さが光る。『ノストラダムスの大予言』で人は自分の信じたいものをいかようにも作り出せるという土台があって 1よりも現在のわれわれに繋がる密接度が高い選書。動画で見た時とは違い1冊の本にまとめた時の構成の巧さが光る。『ノストラダムスの大予言』で人は自分の信じたいものをいかようにも作り出せるという土台があって、『シオン賢者の議定書』というホロコーストを生んだせっちあげの偽書がうすら寒くなる。つぎはぎと偽造の経緯が分かりやすく、偽書は隠して作られるの見本。『産褥熱の病理』『農業生物学』は科学的な「正しさ」が時代に一致しない人間の愚かさは今も変わることはない。奇書を通じて己の価値観を何度も揺さぶられた。 …続きを読む
    geshi
    2022年03月06日
    27人がナイス!しています
  • めっちゃ面白い。まさしく奇妙な運命をたどった、“奇書”を紹介する本書。現代まで通じる奇怪なブームを生んでいた『ノストラダムスの大予言』。偽書と知られながらも、人種差別を過熱させた『シオンの議定書』。病 めっちゃ面白い。まさしく奇妙な運命をたどった、“奇書”を紹介する本書。現代まで通じる奇怪なブームを生んでいた『ノストラダムスの大予言』。偽書と知られながらも、人種差別を過熱させた『シオンの議定書』。病に対する向き合い方がわかる、『疫病の詫び証文』。『産褥熱の病理』では、奇妙な人生を送ったゼンメルワイスという男の生涯は興味深かった。ソビエト生物学を停滞させた男の『農業生物学』。『動物の開放』にてヴィーガンへの考え方を知ることは、部分的にしか知らない己の“常識”を揺るがす価値観への抵抗を少し減らすことが出来た …続きを読む
    サケ太
    2022年03月10日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品