試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年04月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784048969482

暮らしを変える書く力

  • 著者 一田 憲子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年04月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784048969482

伝わる「言葉」を身につけると、暮らしが輝き出す

会いたい人に会えないことが多くなった昨今、コミュニケーションに必要なのは「言葉」です。
SNSやインスタグラムなどが浸透し、誰もが「書き手」であるからこそ、誰かに届く言葉を持つことは、今後の人生を左右します。
本書では、「暮らしのおへそ」などで、多くの女性から支持を得ている著者が考える、伝わる文章の書き方をまとめました。
SNSはもちろん、手紙、誰かに何かを頼むとき、何かを謝罪するときなど、言葉が重要になるシチュエーションはたくさんあります。
心を込めるのはもちろん、相手に届く言葉とは何かを深く考えた1冊です。

<こんな人に>
・文章を書くのが苦手だ
・手紙やメールをよく書くが、相手に伝わっているか自信がない
・SNSをやっているがフォロワー数が伸びない
・本を読むのが苦手だ
・誰かに仕事を依頼することがよくある
・よく言葉遣いを注意されることがある

もくじ

1章 「書く」ってどういうこと?
2章 日常の中の言葉
3章 「聞く」ことから「書く」ことが始まる
4章 「言葉」による刺激
5章 書くことで自分の内面を掘り起こす

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「暮らしを変える書く力」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 事実を客観的に伝えるだけでなく、自分の感情や発見を読み手と分かち合うための文章の書き方について書かれている。事実は事実として、自分の感じたことは感じたこととして分けた上で、事実と感じたことを繋いでいく 事実を客観的に伝えるだけでなく、自分の感情や発見を読み手と分かち合うための文章の書き方について書かれている。事実は事実として、自分の感じたことは感じたこととして分けた上で、事実と感じたことを繋いでいく。繋ぎになるのは自分自身の体験だったり、取材で仕入れたエピソードだったり。こんな経験から私はこんなことを感じました、というその繋ぎの部分があってこそ、読み手の共感や納得につながる文章になる。書く技術だけでなく、後半には取材の仕方やエピソードの引き出し方なども盛り込まれ、とても勉強になる一冊だった。 …続きを読む
    あや
    2021年05月16日
    20人がナイス!しています
  • ライターである一田憲子さんが「書く」ことにフォーカスをあてて書いたエッセイ。具体的な例をあげながらどうしたら良い文章が書けるのか、一田さんが普段どうやって書くことに向き合っているのか、とても分かりやす ライターである一田憲子さんが「書く」ことにフォーカスをあてて書いたエッセイ。具体的な例をあげながらどうしたら良い文章が書けるのか、一田さんが普段どうやって書くことに向き合っているのか、とても分かりやすく書かれている。書くことで自分を掘り下げ、さらけだす。新しい発見がある気がする。 …続きを読む
    はこ
    2021年04月24日
    13人がナイス!しています
  • 私も文章に興味があり書店で何気なく手に取りました。途中、伝えたいことと書くことの川の架け橋に、思っていることを文章に綴り、お裾分けするイメージが湧きました。お裾分けのイメージが出るそのためなら何十回で 私も文章に興味があり書店で何気なく手に取りました。途中、伝えたいことと書くことの川の架け橋に、思っていることを文章に綴り、お裾分けするイメージが湧きました。お裾分けのイメージが出るそのためなら何十回でも繰り返し読んでやる思いで購入したのです。文章の本では書くことはすごい文章を書くことではない。1番腑に落ちた本でした。 …続きを読む
    三浦浩二
    2021年05月19日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品