僕といた夏を、君が忘れないように。

僕といた夏を、君が忘れないように。 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年03月25日
商品形態:
電子書籍

僕といた夏を、君が忘れないように。

  • 著者 国仲 シンジ
発売日:
2021年03月25日
商品形態:
電子書籍

どこまでも蒼いこの島で――未来を描けない僕と彼女のひと夏の恋物語。

 僕の世界はニセモノだった。あの夏、どこまでも蒼い島で、君を描くまでは――。
 美大受験をひかえ、沖縄の志嘉良島へと旅に出た僕。どこか感情が抜け落ちた絵しか描けない、そんな自分の殻を破るための創作旅行だった。
「私、伊是名風乃! 君は?」
 月夜を見上げて歌う君と出会い、どうしようもなく好きだと気付いたとき、僕は風乃を待つ悲しい運命を知った。
 どうか僕といた夏を君が忘れないように、君がくれたはじめての夏を、このキャンバスに描こう。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「僕といた夏を、君が忘れないように。」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 美大受験を控え沖縄の志嘉良島へと旅に出た高木海斗。どこか感情が抜け落ちた絵しか描けない、そんな自分の殻を破るための創作旅行で、一人の少女と運命の出会いを果たすひと夏のボーイミーツガール。自らの絵が人の 美大受験を控え沖縄の志嘉良島へと旅に出た高木海斗。どこか感情が抜け落ちた絵しか描けない、そんな自分の殻を破るための創作旅行で、一人の少女と運命の出会いを果たすひと夏のボーイミーツガール。自らの絵が人の目に触れることを忌避する海斗が出会った天真爛漫な少女・風乃。彼女に振り回されるかけがえのない日々と、島全体から感じられる不穏な雰囲気。海斗が変わるきっかけをくれた、全てを諦めかけていた彼女のことを放っておけるわけもなくて、最後まで諦めずにぶつけ合った想い、そんな二人が迎える結末にはぐっと来るものがありました。 …続きを読む
    よっち
    2021年03月26日
    44人がナイス!しています
  • 美大受験のため、沖縄の小さな島へ旅をすることになった海斗は、同い年の少女、風乃と出会う。 美しい景色が、風乃に抱く感情が、海斗の世界を鮮やかに彩っていく。そんな、どこまでも真っ直ぐなボーイミーツガール 美大受験のため、沖縄の小さな島へ旅をすることになった海斗は、同い年の少女、風乃と出会う。 美しい景色が、風乃に抱く感情が、海斗の世界を鮮やかに彩っていく。そんな、どこまでも真っ直ぐなボーイミーツガールでした。 クライマックスの熱量が素晴らしかったです。 風乃が一人で抱えようとしていた残酷な運命を壊すため、殻を破って突っ走る海斗の姿に、目頭が熱くなりました。 終わり方もとても綺麗で、最後の一文を読み終えたときに一枚の絵が完成したような、爽やかでスッキリした読後感でした。 …続きを読む
    あおやまみなみ
    2021年04月02日
    18人がナイス!しています
  • 夏に読みたくなる青春さが溢れていました。序盤から中盤までは主人公とヒロインの交流で終盤に互いの抱えていたものを取っ払っていくというのは王道ですね。だが真っ直ぐな流れだったからこそ感情が迸っているのが伝 夏に読みたくなる青春さが溢れていました。序盤から中盤までは主人公とヒロインの交流で終盤に互いの抱えていたものを取っ払っていくというのは王道ですね。だが真っ直ぐな流れだったからこそ感情が迸っているのが伝わってきました。 …続きを読む
    ツバサ
    2021年03月25日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品