培養カプセルを抜けだしたら、出迎えてくれたのは僕を溺愛する先輩だった

培養カプセルを抜けだしたら、出迎えてくれたのは僕を溺愛する先輩だった 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年02月20日
商品形態:
電子書籍

培養カプセルを抜けだしたら、出迎えてくれたのは僕を溺愛する先輩だった

  • 著者 冴吹 稔
  • イラスト 西陽 ミツバ
発売日:
2021年02月20日
商品形態:
電子書籍

ガールフレンドは、マッドサイエンティストでした。

想像できる?
目が覚めたら、240年経ってた僕の気持ちを!?

ちょっとした事故に巻き込まれて死んじゃった僕だけど、
お付き合い始めたばかりの超絶美少女にして
お嬢さまにして才媛中の才媛、天才の呼び声も高い先輩
(※まだナニもできていない)が、
研究に研究を重ね、ついに!僕を生き返らせてくれたんです。
(ってことは先輩何歳よ?)

僕が死んでた間に世界にはイロイロあったらしく、
文明は衰退しているし街はジャングルみたいになっているし…。
僕の青春と、あと性春も取り戻したいんですけど、どうしたらいいんですか?

終末世界をたくましく闊歩し、
青春を謳歌しようとする若者たちの日常を描く、SF青春小説。
  • ライトノベルEXPO
    ライトノベルEXPO

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「培養カプセルを抜けだしたら、出迎えてくれたのは僕を溺愛する先輩だった」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • テロに巻き込まれて死んだはずが、240年後の未来で目覚めた高井戸和真。研究に研究を重ねて彼を生き返らせた薫子先輩と、終末世界で再び青春を取り戻そうとする近未来小説。彼女自身は三十三代目で、240年後に テロに巻き込まれて死んだはずが、240年後の未来で目覚めた高井戸和真。研究に研究を重ねて彼を生き返らせた薫子先輩と、終末世界で再び青春を取り戻そうとする近未来小説。彼女自身は三十三代目で、240年後にようやく和真を蘇らせることに成功してもう一度共に生きようとするとか、その執念にはなかなか凄まじいものがありましたけど、襲われていたのを助けたノゾミも仲間に加えながら、少しずつ行動範囲を広げて交流を広げて、時には危機に陥りながらもそれを乗り越えて、新たな生き方を模索していく展開はこれから面白くなりそうですね。 …続きを読む
    よっち
    2021年02月21日
    37人がナイス!しています
  • クローン問題を中心にしたポストアポカリプス。最近ではジャンプの『Dr.STONE』が有名だろう。原始世界に逆戻りした世界で文明再興を図るわけだが、個人的に原始社会の婚姻制(嫁ぎ先への贈呈財など)を意識 クローン問題を中心にしたポストアポカリプス。最近ではジャンプの『Dr.STONE』が有名だろう。原始世界に逆戻りした世界で文明再興を図るわけだが、個人的に原始社会の婚姻制(嫁ぎ先への贈呈財など)を意識して描いている所が往年のSFらしさを感じる。 と、同時に科学者たる先輩が文明再興と最愛の彼との関係構築を手探りでも正面から行う真面目さが可愛い。人格者すぎてマッド要素クローンぐらいしか残ってないけど。 全体的に緩めで章ごとにぶつ切りになってるが(WEB小説故か)、まとめの後読感はよかった。素直な一作。 …続きを読む
    のれん
    2021年02月22日
    13人がナイス!しています
  • 死んだはずの和真は、目を覚ますとカプセルの中にいて──世界は変わり果てていた。 クールで強くて和真を溺愛する薫子先輩がとても良いです。 わりと危険な世界でのお話でしたが、なぜか安心して読むことができま 死んだはずの和真は、目を覚ますとカプセルの中にいて──世界は変わり果てていた。 クールで強くて和真を溺愛する薫子先輩がとても良いです。 わりと危険な世界でのお話でしたが、なぜか安心して読むことができました。 キャラクター同士のバランスも絶妙で、ノゾミやマヤを交えての会話も面白かったです。 設定も凝っていて、展開もわかりやすく、ライトノベルというジャンルを超えて楽しめました。 …続きを読む
    あおやまみなみ
    2021年02月26日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品