ノートル=ダム・ド・パリ 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2022年02月22日
商品形態:
電子書籍

ノートル=ダム・ド・パリ

  • 著者 ヴィクトル・ユゴー
  • 訳者 大友 徳明
発売日:
2022年02月22日
商品形態:
電子書籍

映画化多数のあの名作を、1832年の原書挿絵20点入りの豪華新訳で!

15世紀末のパリ。ノートル=ダム大聖堂の副司教クロード・フロロは、聖堂前の広場で踊るジプシーの娘エスメラルダに心を奪われ、自分が育てた異形の鐘つき男・カジモドに誘拐させて、わがものにしようとする。しかし間一髪、王室騎手隊の隊長に救われ、エスメラルダはその若き隊長フェビュスに一目ぼれしてしまう。嫉妬に狂った副司教のクロードは、フェビュスを殺し、エスメラルダにその罪を着せ破滅させようとする。一方、エスメラルダの美しさとやさしさにふれ、いつしか愛情を抱くようになったカジモドは、彼女を絶望的な運命から救いだそうとするが――。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ノートル=ダム・ド・パリ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ディズニーでアニメ化されたことくらいしか知らず、原作者が「ああ無情」のユゴーだったことも今回初めて知ったくらいだったが、海外文学を読みたい気分だったので手に取った。絶望的になるくらい救いがなくて驚いた ディズニーでアニメ化されたことくらいしか知らず、原作者が「ああ無情」のユゴーだったことも今回初めて知ったくらいだったが、海外文学を読みたい気分だったので手に取った。絶望的になるくらい救いがなくて驚いた。パリの街は差別と偏見と汚辱にまみれていた。この物語をどうやってアニメ化するんだよ……と、別の興味がわいてきた。ショックだったけど、読んでよかった。 …続きを読む
    佐島楓
    2022年03月18日
    74人がナイス!しています
  • 「ノートル=ダム・ド・パリ」は興味があった本だけれど、読みにくいらしいので手を出しかねていた。今回出た角川文庫版は、読みやすさを目指した抄訳なので読んでみる。実際、すこぶる読みやすい。お話がどんどん展 「ノートル=ダム・ド・パリ」は興味があった本だけれど、読みにくいらしいので手を出しかねていた。今回出た角川文庫版は、読みやすさを目指した抄訳なので読んでみる。実際、すこぶる読みやすい。お話がどんどん展開して、メロドラマ性が高い。登場人物の造形が良いし、原書の挿絵が入っているのが気分を出しており、作品世界に入りやすかった。テーマ性はあまり感じなかったが、深く味わいたいなら完訳を読むべきなのかな。この機会にアニメ映画「ノートルダムの鐘」を見てみよう。救いのない物語をディズニーはどうアレンジしたのか?気になる。 …続きを読む
    海猫
    2022年03月11日
    74人がナイス!しています
  • 素晴らしい抄訳と美しい挿絵。主題は宿命。富める者も貧しい者もそれから逃れる事はできないのだろうか。主人公カジモドは悪魔の顔をした天使であり、クロードは聖職者の仮面を被った悪魔だった。美しいエスメラルダ 素晴らしい抄訳と美しい挿絵。主題は宿命。富める者も貧しい者もそれから逃れる事はできないのだろうか。主人公カジモドは悪魔の顔をした天使であり、クロードは聖職者の仮面を被った悪魔だった。美しいエスメラルダは、カジモドにとっては白い貴婦人まさに聖母マリアだったに違いない。ラスト近く、クロードが大聖堂の頂上からカジモドに突き落とされる場面がある。その挿絵の表情は、大聖堂をあざ笑うガーゴイルのように見えた。エスメラルダの死刑は免れなかったが、カジモドに裏切られ無残な死に方をしたクロードの最期には拍手喝采だった。 …続きを読む
    momo
    2022年06月16日
    41人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品