試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年02月02日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041110768

断罪のネバーモア

  • 著者 市川 憂人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年02月02日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041110768

警察小説と本格ミステリが奇跡の融合。新米刑事が綻びから世界の欺瞞を暴く

度重なる不祥事から警察の大改革が行われた日本。
変革後の警察にブラックIT企業から転職した新米刑事の藪内唯歩は茨城県つくば警察署の刑事課で警部補の仲城流次をパートナーとし殺人事件の捜査にあたる。
刑事課の同僚たちの隠しごとが唯歩の心を曇らせ、7年前の事件が現在の捜査に影を落とす。
ノルマに追われながらも、持ち前の粘り強さで事件を解決した先に、唯歩を待ち受ける運命は――。
リアル警察小説と本格ミステリの2重螺旋! 白黒が全反転する奇跡の終盤に瞠目せよ!!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「断罪のネバーモア」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 警察が民営化した“パラレルワールド”の日本における2022年。つくば警察署(=IISC東日本つくば支店)の新米刑事・藪内唯歩&警部補・仲城流次のコンビが立て続けに発生する殺人事件に挑む!…「マリア&漣 警察が民営化した“パラレルワールド”の日本における2022年。つくば警察署(=IISC東日本つくば支店)の新米刑事・藪内唯歩&警部補・仲城流次のコンビが立て続けに発生する殺人事件に挑む!…「マリア&漣」とは全く異なるタイプのコンビによる新シリーズ開始ということでしょうか!?全体の構成(個別の3つの事件を描いた後、最終章で…)など、相沢沙呼さんの『medium』を踏まえた上で全く別方向に展開させた作品という印象を受けました。犯人は想定内とはいえ予想以上に胸糞悪い真相でしたが(笑)…読後感は良かったです♪︎ …続きを読む
    麦ちゃんの下僕
    2022年03月30日
    185人がナイス!しています
  • えーと、確かに面白かったし、なかなかの急展開を楽しんだけれど、ややこしく分かりにくかったとの戸惑いに何とも複雑な思い…章を分けて描かれる事件解決へのアプローチはまさに本格ミステリ!その秀でた解明が一転 えーと、確かに面白かったし、なかなかの急展開を楽しんだけれど、ややこしく分かりにくかったとの戸惑いに何とも複雑な思い…章を分けて描かれる事件解決へのアプローチはまさに本格ミステリ!その秀でた解明が一転して導いた自らの危機を覆していく最終章は爽快といきたいところが何だかスッキリしない…いや、これ多分、人物とか警察組織とか過去の設定や背景が繊細過ぎて全体的な把握が鈍ってしまうのかと…思わせぶりに挟まれるエピソードも未だにハッキリと分かっていない自分に残念無念…それでも残された不敵な戯言から続編は決定なのかな? …続きを読む
    nobby
    2022年03月12日
    160人がナイス!しています
  • なきにしもあらずの民営化警察。先輩バディに振り回されながら東奔西走する新米刑事・唯歩。管轄内で立て続けに発生する殺人事件。難解とまではならないが、事件解決後に微妙な後味を残していく逮捕劇。設定そのもの なきにしもあらずの民営化警察。先輩バディに振り回されながら東奔西走する新米刑事・唯歩。管轄内で立て続けに発生する殺人事件。難解とまではならないが、事件解決後に微妙な後味を残していく逮捕劇。設定そのものも面白く、エンタメ感のある展開は連続ドラマに向いてそう。…ただ、詰め込み過ぎてゴチャついてたかも。300頁ながら読むのに少々疲れました。 …続きを読む
    とん大西
    2022年04月16日
    120人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品