天國 パライゾ 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年12月11日
商品形態:
電子書籍

天國 パライゾ

  • 著者 丸尾 末広
発売日:
2020年12月11日
商品形態:
電子書籍

画業40周年を迎える漫画界の魔神が描く、戦争と祈り。

「最も苦しんだ者こそが、天國(パライゾ)の門を開くーー」


戦後の混乱収まらぬ頃。
汚穢と悲哀、最底辺の貧民窟で、寄る辺なき混血の少年は今日のみを生きる。
【ネンコロリ】


ナガサキとアウシュビッツを、ある宣教師と名もなき少年が繋ぐ。
惨たらしくも美しい地上の地獄絵図。
【オランダさん】


第二次世界大戦下の強制収容所。
逆境と抑圧、苦痛に塗れた獄舎に、神はいるのか……。
【童貞マリア】


日本漫画界が世界に誇る魔神・丸尾末広、画業40周年記念。
計5作を収録した、漆黒の作品集。


●丸尾末広 ビームコミックス好評既刊●
『トミノの地獄』(全4巻)
『笑う吸血鬼』(全2巻)
『瓶詰の地獄』
『芋虫』
『パノラマ島綺譚』

●コミックビーム 公式ツイッター●
@COMIC_BEAM

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「天國 パライゾ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 戦禍における信仰を問う丸尾末広の新作。パライゾという発想は、ここが地獄であるという認識がまずあってのことだ。ここ(地獄)ではないどこか(天国)へ。焼け野原になった敗戦直後の東京、原爆投下の長崎と、アウ 戦禍における信仰を問う丸尾末広の新作。パライゾという発想は、ここが地獄であるという認識がまずあってのことだ。ここ(地獄)ではないどこか(天国)へ。焼け野原になった敗戦直後の東京、原爆投下の長崎と、アウシュビッツの収容所。それぞれの地獄で、人は弱さのあまり、天国という甘美な夢にすがる。その夢を利用する神父もいる。それは、パライゾを信じすぎるあまり、地獄を受け入れすぎているからだ。そんなふうに、地獄をさらに欲で彩ろうとする者もいれば、少しでも地獄を良くしようとする者もいる。(つづく) …続きを読む
    ぐうぐう
    2020年12月12日
    19人がナイス!しています
  • 足りない。全然物足りない!続き無いのかな? 足りない。全然物足りない!続き無いのかな?
    タマキマタ
    2021年01月04日
    2人がナイス!しています
  • 素晴らしかった。まさか丸尾さんが信仰と救済を真正面から描くとは。コルベ神父の登場する2篇が特に心を打たれた。「ネンコロリ」もエロとグロを描いていながら、初期の猟奇的な作品とは違った領域で読み応えがあっ 素晴らしかった。まさか丸尾さんが信仰と救済を真正面から描くとは。コルベ神父の登場する2篇が特に心を打たれた。「ネンコロリ」もエロとグロを描いていながら、初期の猟奇的な作品とは違った領域で読み応えがあった。作者はインタビューで少女椿を否定していたけど、ミチオと花子に、みどりちゃんとカナブンを重ね合わせてしまった。好き嫌いはさておき、これが今の丸尾末広の世界なのだし、丸尾さんが40年にしてたどり着いた境地は過去の作品と同じくらいか、それ以上にありがたく読ませていただきたい。 …続きを読む
    まぐりふ
    2020年12月13日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品