ホヅミ先生と茉莉くんと。 Day.1 女子高生、はじめてのおてつだい

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年02月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784049135343

ホヅミ先生と茉莉くんと。 Day.1 女子高生、はじめてのおてつだい

  • 著者 葉月 文
  • イラスト DSマイル
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年02月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784049135343

作品も人生も打ち切り寸前。ドン底作家を救うのは――女子高生!?

 デビューから早六年。未だに重版未経験の売れない作家、ホヅミこと空束 朔(からつか はじめ)はスランプに陥っていた。渾身の原稿は全ボツになり、売れ線のラブコメを書いてみないかと担当編集に勧められる始末。
 そんな悩めるホヅミの前に、ある日、白花 茉莉(しろはな まつり)と名乗る謎の女子高生が現れる。彼女の協力のもと、夢のミリオン作家を目指しホヅミは再び執筆に励むが……!?
「ホ、ホヅミ先生! これは本当に執筆に必要なことなんでしょうか!?」
 コスプレさせたり、デートしたり、買い物をしたり。積み重ねていく何気ない日々が、二人の距離を近づけていく――。
 拗らせ作家×世話焼きJKの甘々癒やし系ラブコメ、堂々開幕!

もくじ

プロローグ 作家と女子高生とコスプレ祭り
第一話 作家と担当と打ち合わせ
第二話 作家と女子高生と一日目
第三話 作家と女子高生と買い物
第四話 作家と同期と飲み会
第五話 作家と女子高生とおかえり
第六話 作家と女子高生とテスト勉強
第七話 作家と担当とクリスマスイブ
第八話 作家とイラストレーターとタイトル
第九話 作家と女子高生と遊園地デート
第十話 作家と重版とハッピーエンド
第十一話 作家と白花茉莉と本当のこと
第十二話 作家と読者と君のヒーロー
エピローグ 僕と君とそれから

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

『ホヅミ先生と茉莉くんと。』(朗読/堀江由衣)【電撃文庫朗読してみた】

「ホヅミ先生と茉莉くんと。 Day.1 女子高生、はじめてのおてつだい」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 面白かった、電子版で読みました 編集者にラブコメ書いてみてと言われ、家に帰ると玄関前に女子高生(茉莉)が居た。編集者が送り込んだ秘密兵器だと勘違いしたホヅミ。掃除や料理等身の回りの事をやる茉莉。ホヅミ 面白かった、電子版で読みました 編集者にラブコメ書いてみてと言われ、家に帰ると玄関前に女子高生(茉莉)が居た。編集者が送り込んだ秘密兵器だと勘違いしたホヅミ。掃除や料理等身の回りの事をやる茉莉。ホヅミは文章を書いては消しを繰り返しながら、一冊のラブコメを書き上げる。 茉莉には秘密があり、手紙を残して突然居なくなる。作家(ホヅミ)と読者(茉莉)のラブコメ。続きが出そうなので、次も買う。 …続きを読む
    ヒロロシ33
    2021年04月03日
    48人がナイス!しています
  • ぱっとしないラノベ作家のホヅミに担当編集から出されたのは女子高生とのラブコメを書けという指示。悩めるホヅミの前に現れたのは、担当から送り込まれた美少女JK・茉莉。茉莉はホヅミの執筆を補佐するのだが…。 ぱっとしないラノベ作家のホヅミに担当編集から出されたのは女子高生とのラブコメを書けという指示。悩めるホヅミの前に現れたのは、担当から送り込まれた美少女JK・茉莉。茉莉はホヅミの執筆を補佐するのだが…。アラサー作家とJKの年の差ラブコメ。ハイテンションの出だしに、これ葉月作品?と思わせられましたが、情景と心理描写の繊細さは間違いなく葉月先生のもの。ホヅミと茉莉の何気ないやり取りに温かい気持ちになり、ラスト2章の展開には大いに泣かされました。「童貞」を卒業したホヅミ先生の次の目標は?続きが大いに気になります。 …続きを読む
    芳樹
    2021年02月11日
    48人がナイス!しています
  • デビューから早六年。未だに重版未経験もなくスランプに陥る売れない作家ホヅミ。渾身の原稿を全ボツにされ、売れ線のラブコメを書くよう担当編集に提案された彼の元に、謎の女子高生・白花茉莉が現れるラブコメディ デビューから早六年。未だに重版未経験もなくスランプに陥る売れない作家ホヅミ。渾身の原稿を全ボツにされ、売れ線のラブコメを書くよう担当編集に提案された彼の元に、謎の女子高生・白花茉莉が現れるラブコメディ。彼女の協力を得て夢のミリオン作家を目指し再び執筆に励むホヅミ。そしてコスプレ、デート、買い物など、積み重ねていく何気ない日々の中で距離を近づけてゆく二人。作家としてのありように葛藤する先生の複雑な想いは生々しかったですが、そんな彼を支えていつの間にか大きな存在となっていた彼女との絆がとても素敵な物語でした。 …続きを読む
    よっち
    2021年02月10日
    47人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品