ど庶民の私、実は転生者でした 2

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年12月04日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
156
ISBN:
9784046800053

ど庶民の私、実は転生者でした 2

  • 漫画 安芸緒
  • 原作 吉野屋 桜子
  • キャラクター原案 えびすし
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年12月04日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
156
ISBN:
9784046800053

彼の傍にいてもいい存在になるため、私は魔法師団へ――。

幼い頃から家では家政婦扱い、母は妹を溺愛し、
勉強を頑張っても進学させてもらえず家を飛び出した私・フィアラ。
王都を目指して旅する途中、
ひとりの魔術師・ザクと出会う。

彼と触れ合った瞬間
浄化の力が開眼し、ザクの体を蝕んでいた呪いを解いた私は
ザク専属の浄化師になることとなった。

今まで不幸な毎日を送っていた私に
いろいろ与えてくれる
彼の傍にいてもいい存在になるため
私は魔法師団へ入団した――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ど庶民の私、実は転生者でした 2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 〇 元の家族と会うことはあるのだろうか。二人の前世みたいな問題が気になる。 〇 元の家族と会うことはあるのだろうか。二人の前世みたいな問題が気になる。
    霧香
    2020年12月09日
    2人がナイス!しています
  • B-ダンジョンでの話など、過程がいろいろ飛ばされているような気がして、内容が薄い印象。この先の展開が気にならないくらい。あまり登場しないが、シルクはどのような人生を送ってきたかが気になる。 B-ダンジョンでの話など、過程がいろいろ飛ばされているような気がして、内容が薄い印象。この先の展開が気にならないくらい。あまり登場しないが、シルクはどのような人生を送ってきたかが気になる。
    Nohu
    2020年12月07日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品