新L型経済 コロナ後の日本を立て直す

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年04月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
256
ISBN:
9784040823911

新L型経済 コロナ後の日本を立て直す

  • 著者 冨山 和彦
  • 著者 田原 総一朗
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年04月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
256
ISBN:
9784040823911

コロナを機とし、「昭和モデル」と決別せよ! 日本社会再生へのビジョン。

地域経済の復活なしに日本再生はありえない!
グローバル化とデジタル革命以後の現代日本において、GAFAのようなグローバル企業が誕生したとしても、そこから大きな雇用は生まれない。
一方で、GDPの7割はローカル経済が占めていて、そこに8割の人が働いており、かつ彼らの多くが日常生活を支える社会に不可欠な仕事についている(エッセンシャルワーカー)。
そうした人々が確かな待遇を得られる社会になれば日本は再び豊かさを取り戻す。そのための方策が中小企業の生産性を高めるCX・DXなのだ。
エッセンシャルワーカーが稼げる真に豊かな社会に向けた道筋を、数々の企業再生を手掛けてきた冨山和彦が田原総一朗と語る。

もくじ

第一章 観光立国構想の蹉跌  ―コロナ禍がもたらした経済の停滞
第二章 グローバルIT企業は雇用を生まない ―日本経済はなぜ行き詰まったのか
第三章 まず三〇万人都市を再生させよ ―地方創生のカギは限界集落ではない
第四章 「ゾンビ企業」退場のためのシナリオ ―地方経済の新陳代謝をうながすために
第五章 多様性が経営を強くする ―日本を牽引する人材をどう育てるか
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「新L型経済 コロナ後の日本を立て直す」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • G(グローバル)とL(ローカル)という視点から経済を見つめ直し、L型産業の生産性を上昇させることこそが日本経済復活のカギであるという趣旨のことが書かれた本です。日本には中小企業が多すぎるし、何といって G(グローバル)とL(ローカル)という視点から経済を見つめ直し、L型産業の生産性を上昇させることこそが日本経済復活のカギであるという趣旨のことが書かれた本です。日本には中小企業が多すぎるし、何といっても補助金等で生きながらえているような「ゾンビ企業」には淘汰再編で退場していただきましょうと。まずは地方の中核都市に人を集める。そうすれば自然とL型産業が発生し雇用も生まれる。だから、都市の人材を地方へ送り込もうとも書いてありましたが、それをどうやるのかという肝心のところが…きちんと説明されてないような(苦笑 …続きを読む
    大先生
    2021年07月01日
    11人がナイス!しています
  • 経済を再生するのに重要なのは現場、そしてローカル企業。コロナ禍でエッセンシャルワーカーの重要性を目の当たりにしている今、そして、デジタル化が進まず、色んな対策が遅々として進まない今、改めて変化の必要性 経済を再生するのに重要なのは現場、そしてローカル企業。コロナ禍でエッセンシャルワーカーの重要性を目の当たりにしている今、そして、デジタル化が進まず、色んな対策が遅々として進まない今、改めて変化の必要性を感じる。また、著者が主張する地方大学の今後の話などを読むと、自分自身も固定概念に捕われてしまっていることに改めて気づかされた。 …続きを読む
    kaz nakaz
    2021年07月04日
    6人がナイス!しています
  • GAFAの様なグローバルなG型ではなく、地域に根差したローカルなL型の企業が日本を復活させるという主張。そのローカルこそエッセンシャルワーカー(必要不可欠な労働)であり、30万人規模の都市でエッセンシ GAFAの様なグローバルなG型ではなく、地域に根差したローカルなL型の企業が日本を復活させるという主張。そのローカルこそエッセンシャルワーカー(必要不可欠な労働)であり、30万人規模の都市でエッセンシャルワーカーを軸とした新中間層の構築が必須との考えに納得。 …続きを読む
    みどりちゃん
    2021年10月05日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品