試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年10月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784040738444

花は桜よりも華のごとく

  • 著者 河合 ゆうみ
  • イラスト 斎賀 時人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年10月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784040738444

絢爛に咲き誇る、男装の美少女の能楽恋絵巻!

京の都に突然、天才的な舞い人の少年が現れる。けれど一座の看板役者の彼、白火は実は女の子。それを隠し女人禁制の舞台で舞っていたのだ。そんな折、京随一の能役者である蒼馬から移籍の話を持ちかけられて……!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「花は桜よりも華のごとく」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • レーベルかえて復刊ということで、某Amaz○nの評価が低くて内心失敗したかと思っていたけど、普通に面白かったしボロッボロに泣きました。はい。能をテーマにした作品でもっと固いかと思えば。元が少女向けなん レーベルかえて復刊ということで、某Amaz○nの評価が低くて内心失敗したかと思っていたけど、普通に面白かったしボロッボロに泣きました。はい。能をテーマにした作品でもっと固いかと思えば。元が少女向けなんだから、固くなるはずもないんですよね。 女人禁制の能の世界に、最初は一座のため、次第に自分が舞いたいからと女である事を隠し続けて舞っていた白火。女として成長していく身体と、憧れた舞手の蒼馬にバレてしまってからの葛藤。合同能にて全てを吹っ切って舞った姿は間違いなく美しかったと思う。 続きも何卒復刊してください。 …続きを読む
    虚と紅羽
    2020年10月23日
    10人がナイス!しています
  • 男装少女の能のお話。ここで終わり?と思ったら以前他レーベルから出ていた作品の復刻版だった。今回はまだまだ序盤といった感じだったので納得。 男装少女の能のお話。ここで終わり?と思ったら以前他レーベルから出ていた作品の復刻版だった。今回はまだまだ序盤といった感じだったので納得。
    あずとも
    2020年10月27日
    7人がナイス!しています
  • 以前好きだったタイトルが新刊一覧に並んでいたから何かと思ったらレーベル変更復刊とのこと。実際に手に取ったら、ただの復刊ではなく大幅な改稿が行われており、大筋は変わっていないけどもかなり大胆に話の色彩が 以前好きだったタイトルが新刊一覧に並んでいたから何かと思ったらレーベル変更復刊とのこと。実際に手に取ったら、ただの復刊ではなく大幅な改稿が行われており、大筋は変わっていないけどもかなり大胆に話の色彩が変わっていて新鮮な気分で読んだ。颯佐の事情とか新作能ネタとか蛇紋とかが削られ、話の展開自体も結構大きく書き換わってはいるものの、しかしこれはこれでとても良い話となっていたと思う。二巻以降もこのテイストで改訂復刊されるのならば是非とも読みたい。 …続きを読む
    白火
    2020年11月18日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品