君が、仲間を殺した数 -魔塔に挑む者たちの咎-

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年10月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
344
ISBN:
9784049134544

君が、仲間を殺した数 -魔塔に挑む者たちの咎-

  • 著者 有象利路
  • イラスト 叶世 べんち
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年10月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
344
ISBN:
9784049134544

最高の仲間。絆と友情、そして愛。彼は失った。その全てを。

 その日、ある少年が死んだ。
 仲間思いで心優しい、少しだけ照れ屋な……そんな彼はいなくなり、瞳に仄暗い光を宿した狂戦士のような男が、ただ一人立っていた。
 少年の名はスカイツ。彼は、幼馴染たちで構成されたパーティである《塔》を攻略するさなかに、魔の祝福を受けてしまう。
「自分が死ぬと、その場に居合わせた仲間の“能力”と――“存在そのもの”を吸収して、時間を戻し復活する」能力。
 親しい友を意図せず自らの力で「喰らい」、失意の彼は次第に心を擦り減らしていく。そして、その身を削る苦しみの果て、彼は【鬼】へとその身を堕とす。
 《塔》に挑む者たちの異常な日々と、彼らの罪と咎を描くダークファンタジー。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「君が、仲間を殺した数 -魔塔に挑む者たちの咎-」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 仲間を喰って進むダークファンタジー。一巻という事で物語の発端という感じですが、初めに未来の描写がされているため何が起きるのか?と緊張感もって読み進める事ができました。ここから、背負っていくものが重くな 仲間を喰って進むダークファンタジー。一巻という事で物語の発端という感じですが、初めに未来の描写がされているため何が起きるのか?と緊張感もって読み進める事ができました。ここから、背負っていくものが重くなっていく続きが期待できそうです。唯、後書きに書かれている続きの告知はどこ? …続きを読む
    しぇん
    2020年10月11日
    22人がナイス!しています
  • こいつは自分の好きな感じの内容で面白かったわ。幼馴染たちで構成されたパーティーで《塔》の攻略中に才能が無い無いと言う事で手駒にされた、ある男の物語。自身が死ぬと居合わせた仲間の能力と存在を吸収して生き こいつは自分の好きな感じの内容で面白かったわ。幼馴染たちで構成されたパーティーで《塔》の攻略中に才能が無い無いと言う事で手駒にされた、ある男の物語。自身が死ぬと居合わせた仲間の能力と存在を吸収して生き返るという残酷な能力を押し付けられたスカイツ、罪の意識に心が蝕まれていくがそれを溶かしてくれるクアラとシアの存在が良かった。...が予定通りと言ったらそうやけども最後にあんな展開にするとは。果たしてスカイツは頂に誰よりも早くに到達し約束を叶えてもらえるのかな。次巻が非常に楽しみだわ。 …続きを読む
    アウル
    2020年10月12日
    19人がナイス!しています
  • 全世界待望の有象先生のシリアスもの。 RPG系のファンタジーで鬼畜な展開を進める超越的な存在や、ループ系に近い絶望感があるのはとても今風。 タイトル通りの展開だけだと物足りないかなと思っていたが、それ 全世界待望の有象先生のシリアスもの。 RPG系のファンタジーで鬼畜な展開を進める超越的な存在や、ループ系に近い絶望感があるのはとても今風。 タイトル通りの展開だけだと物足りないかなと思っていたが、それを捻ることなく、各キャラ描写を丹念に描くことに注力している。 ストレートな物語だが、主人公が力を得た直後は無気力で引きこもったり、超越者に弄されつつもヒロインたちの優しさについつい甘えたりなど、主人公の弱さに共感できる。 弱さを捨て甘さを求めない英雄像。この思考にどんなアンサーを出すのか。次巻に期待。 …続きを読む
    のれん
    2020年10月11日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品