京都烏丸のいつもの焼き菓子 母に贈る酒粕フィナンシェ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年09月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784040738048

京都烏丸のいつもの焼き菓子 母に贈る酒粕フィナンシェ

  • 著者 古池 ねじ
  • イラスト イナコ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年09月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784040738048

京都の片隅に「ちょっといいこと」を運ぶお菓子屋、あります。

小さな焼き菓子屋「初」は、無愛想な青年菓子職人が営む和の食材を使った西洋菓子店だ。丁寧に作られた「初」のお菓子は食べるとちょっと心が満たされて――しんどくも愛おしい、豊かな日常とおいしいお菓子の物語。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「京都烏丸のいつもの焼き菓子 母に贈る酒粕フィナンシェ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 4話で構成された1冊。1~3話までは京都烏丸御池近くの焼き菓子店に訪れて一歩前へ進めたお客さんのお話。そして4話はその焼き菓子店『初(うい)』を切り盛りする店長の紺野と店員の郁の生い立ちや『初』開店ま 4話で構成された1冊。1~3話までは京都烏丸御池近くの焼き菓子店に訪れて一歩前へ進めたお客さんのお話。そして4話はその焼き菓子店『初(うい)』を切り盛りする店長の紺野と店員の郁の生い立ちや『初』開店までのエピソードや現在、これからまで。焼き菓子の描写も美味しそうですがそれに纏わる人間ドラマもしっかりしてて読み応えがあった。登場人物たちのコンプレックス、悩みなど小さくても本人にとっては壁となるモノがこの店で解されるパターンが和む。「人に歴史あり。」って感じの作品でした。実在してたら絶対に行きたいお店ですね。 …続きを読む
    カメ吉
    2020年10月19日
    56人がナイス!しています
  • 無愛想でしゅっとした菓子職人と可愛い店員さんが営む和の食材を使った京都の小さな焼き菓子屋「初」。丁寧に作られた心が満たされるお菓子を愛する人々の物語。自分らしく生きたいデザイナー、常連のドイツ人大学教 無愛想でしゅっとした菓子職人と可愛い店員さんが営む和の食材を使った京都の小さな焼き菓子屋「初」。丁寧に作られた心が満たされるお菓子を愛する人々の物語。自分らしく生きたいデザイナー、常連のドイツ人大学教員とその教え子、お店のお菓子に魅せられて京都にやってきた就活生、そして店長と店員さんと両親のこと。食べたくなるようなお菓子の描写も素敵ですが、誰もが素直になれない一面を抱えていて、そんな不器用な登場人物たちのはっとするような繊細な想いを巧みな視点で浮き彫りにして、導かれてゆく結末がとても印象に残る物語でした。 …続きを読む
    よっち
    2020年10月19日
    42人がナイス!しています
  • 初読みの作家さん。京都烏丸にある焼菓子店「初」で可愛らしい女性店員さんとしゅっとしたイケメン店長がいる。心が温かくなる優しいお話。とにかく出てくる焼菓子が美味しそう。こんなお店があったら通いたい。 初読みの作家さん。京都烏丸にある焼菓子店「初」で可愛らしい女性店員さんとしゅっとしたイケメン店長がいる。心が温かくなる優しいお話。とにかく出てくる焼菓子が美味しそう。こんなお店があったら通いたい。
    Kana
    2020年09月22日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品