試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年09月30日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041098882
ニコカド祭り2020

逢魔宿り

  • 著者 三津田 信三
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年09月30日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041098882

雨の日には、読まないでください。

ホラー作家の「僕」に、デザイナーの松尾は昔ある四阿で出会った奇妙な一家の話を語る。山小屋での恐怖体験、障子に映る異常な影絵、宿直中の学校での異変。一家が怪異譚を語るたび、近隣で不可解な事件が起き……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「逢魔宿り」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 三津田 信三は、新作中心に読んでいる作家です。本書は、私小説的連作短編怪異譚でした。オススメは、『予告画』&表題作の『逢魔宿り』です。 https://www.kadokawa.co.jp/produ 三津田 信三は、新作中心に読んでいる作家です。本書は、私小説的連作短編怪異譚でした。オススメは、『予告画』&表題作の『逢魔宿り』です。 https://www.kadokawa.co.jp/product/322005000386/ …続きを読む
    starbro
    2020年10月20日
    201人がナイス!しています
  • まだ読みたいホラーの一冊。五編のホラー、これぞホラー、っていう感じ。秋の陽が差す暖かい時間に読んでいるにもかかわらず背筋が寒くなるのはなぜ?鳥肌が立つのはなぜ?な時間。ヒタヒタ迫る怪異に心はジリジリ後 まだ読みたいホラーの一冊。五編のホラー、これぞホラー、っていう感じ。秋の陽が差す暖かい時間に読んでいるにもかかわらず背筋が寒くなるのはなぜ?鳥肌が立つのはなぜ?な時間。ヒタヒタ迫る怪異に心はジリジリ後退り。中でも「お籠りの家」の時代設定と風習を絡めた恐怖のブレンドが最高の味わい。表題作「逢魔宿り」は雨のあずまやでの勝手に語られる語り、次第に気持ち悪さに取り憑かれていくその感覚が絶妙。まさに読み手の心にも“あまやどり”されたような恐怖。なのにまだ読みたい気分にさせられる…これって最高。#ニコカド2020 …続きを読む
    ちょろこ
    2020年11月04日
    151人がナイス!しています
  • ホラー短編集。作者独特のメタな造りが目立ち、著者が聞くという形式の中から現実とも幻想ともつかぬ淡いが立ち昇ってくる。こういう随筆のようで怪談、怪談のようで随筆という形式は大好き。著者の自著PRがあるの ホラー短編集。作者独特のメタな造りが目立ち、著者が聞くという形式の中から現実とも幻想ともつかぬ淡いが立ち昇ってくる。こういう随筆のようで怪談、怪談のようで随筆という形式は大好き。著者の自著PRがあるのはご愛敬。著者が自家薬籠中のものとしている、見えない所から何かがだんだんと迫ってくる。というのは今回も健在で「お籠りの家」等はその得体の知れなさが実にいい感じで作用している。「予告画」みたいなパターン外もあるけど、予感が迫ってくるタイプだし。パターン化してきたけど、こういう第四の壁破ろうとするのは好きです。 …続きを読む
    HANA
    2020年10月06日
    76人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品