傷心公爵令嬢レイラの逃避行 下

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年08月12日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
356
ISBN:
9784049133868

傷心公爵令嬢レイラの逃避行 下

  • 著者 染井 由乃
  • イラスト 鈴ノ助
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年08月12日
判型:
B6判
商品形態:
単行本
ページ数:
356
ISBN:
9784049133868

溺愛×監禁。身を焦がす執着愛のたどり着く先は――。

 元婚約者である王太子・ルイスによって塔に監禁されたレイラ。彼女の心には、喧嘩別れになってしまった最愛の魔術師・リーンハルトの事が残り続けていた。そして、遂に訪れるルイスから提案された取引の回答期限。レイラが下す決断は果たして――。
 複雑に絡み合う、歪な執愛の末に公爵令嬢がたどり着いたたった一つの恋の結末とは。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「傷心公爵令嬢レイラの逃避行 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 元婚約者である王太子に監禁されてしまったレイラ。上巻読んだ時魔術師も信頼できないなあと思っていたが、魔術師はレイラを恋人の生まれ変わりとして見ていたのではなく、最初から激しく惹かれていたみたいで一安心 元婚約者である王太子に監禁されてしまったレイラ。上巻読んだ時魔術師も信頼できないなあと思っていたが、魔術師はレイラを恋人の生まれ変わりとして見ていたのではなく、最初から激しく惹かれていたみたいで一安心。レイラの実家は母、妹に続き、父も歪んでいた(←まともな人がいない)。そして殿下は病み病み...決着の仕方がヤンデレの極みだった。しかしその後ようやくレイラが幸せを掴めたので本当に良かったよ。最後の儀式の場面が素敵だった。鈴ノ助さんの表紙が素晴らしいのだが、殿下の目がとてもヤバい。Webに後日談があり→ …続きを読む
    ラナンキュラス
    2020年08月21日
    36人がナイス!しています
  • 元婚約者である王太子・ルイスによって塔に監禁されたレイラ。レイラが憔悴し心が壊れる寸前まで追い詰められてゆく中、ルイスから提案された取引の回答期限が迫る第二弾。喧嘩別れになってしまっていたリーンハルト 元婚約者である王太子・ルイスによって塔に監禁されたレイラ。レイラが憔悴し心が壊れる寸前まで追い詰められてゆく中、ルイスから提案された取引の回答期限が迫る第二弾。喧嘩別れになってしまっていたリーンハルトがせっかく救出してくれたのに、妹のことや公爵家、そして元婚約者ときちんとけじめをつけることにこだわるあたりが、なんかとても彼女らしいなと感じる展開で、その決着にはやっぱり…と正直感じましたけど、こうしないと前に進めない不器用な彼女と、ベタ惚れのリーンハルトの甘い結末にはこれまでの苦難が報われる思いがしました。 …続きを読む
    よっち
    2020年08月10日
    29人がナイス!しています
  • ★★★★☆ルイスにより塔に監禁されたレイラ。彼に提案された取り引きの回答期限が迫ってくるがー…。上巻で白百合やらアップルパイやらで不信感を煽ってくれたリーンハルトだけど、下巻で身代わりではなく真実レイ ★★★★☆ルイスにより塔に監禁されたレイラ。彼に提案された取り引きの回答期限が迫ってくるがー…。上巻で白百合やらアップルパイやらで不信感を煽ってくれたリーンハルトだけど、下巻で身代わりではなく真実レイラを求めていたと判明して見直した。上巻でイチオシだったルイス…結局最後まで愛していたことを伝えないまま、あんな事をしでかしてしまった。歪みすぎてしまったのか。メイン2人と寄り添ってくれていたメイドは救われて幸せになれたけど、ルイスはその後どうなったんだろうか。そこも書いてくれたら嬉しかったな。 …続きを読む
    さや
    2020年11月04日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品