YMO1978-2043 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

一部誤りがございました

ニコニコカドカワ祭り2021
ニコニコカドカワ祭り2021
発売日:
2021年03月12日
商品形態:
電子書籍

YMO1978-2043

  • 著者 吉村 栄一
発売日:
2021年03月12日
商品形態:
電子書籍

ファン必携、YMO完全ヒストリー。「2043」の秘密は本書の中に。

 本書は、YMOが結成された1978年から「散開」した1983年直後までを第1部、再生を果たした1992年から2021年初頭までを、第2部としている。
 第1部は、当時の国内外の資料をあらためて精査した上で、多くの関係の方々を取材して得た証言から構成している。
 1970年代末から1980年代初頭の日本にYMOという稀有な存在がどのように誕生し、当時の社会情勢の中でなぜ広く受け入れられ、さらに前例のない形での海外進出を果たすことができたのか。
 ぼくはその当時は地方都市に暮らす10代で、遠い外部から憧憬の眼差しで見つめたかつてのYMOの姿を今回あらためて凝視し直したとも言える。
 ここでは、1980年代から1990年代にかけて構築され、ほぼ完成されていたYMOに関する「神話」を一度頭から追い出して、フラットな気持ちで事実を追い、情報の確認もしたつもりだ。当時、海外からYMOはどう見えて、どう捉えられていたのかも調べてみた。
 第2部の1990年代から現在までは、幸いにも取材者としてYMOとそのメンバーたちに接することが多く、何度かの海外公演にも立ち会うことができた。
 その際に得た本人たちの証言や感慨を原稿に多く組み入れることで、この第2部ではメディアなど第三者のフィルターを通したYMOではなく、自分の目で見て、自分の耳で聞いた事実や言葉を中心に内容を組み立てることができたのは僥倖だった。内部ではないが、そこに近い視点からYMOの新しい歴史を追ったつもりだ。
(「はじめに」より)

知られざる新事実も満載
■はじめに
■第1部 1978‐1983(全13章)
■第2部 1992‐2021(全15章)
■おわりに
■YMO作品リスト ■YMO年譜 ■引用発言出典一覧
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「YMO1978-2043」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 約40年前の僕が、このバンドに興味を示さなかったら恐らく今の僕の音楽の好みはかなり変わって居たと思う。時系列をおって丁寧に綴られた「YMO歴史本」であります。随分長い時間このバンドを見聞きして居ります 約40年前の僕が、このバンドに興味を示さなかったら恐らく今の僕の音楽の好みはかなり変わって居たと思う。時系列をおって丁寧に綴られた「YMO歴史本」であります。随分長い時間このバンドを見聞きして居りますが、そんな僕でも充分楽しめて納得出来る一冊でありました。5年程の実働期間よりも、解散(散開)後の期間の方が長くて面白い。つくづく不思議なバンドなのであります。現在闘病中のお二人を気にしつつ、次は「音」で楽しませて戴きたいです。 …続きを読む
    Ken D Takahashi
    2021年03月21日
    9人がナイス!しています
  • 散会後のYMOの活動は断片的にしか知らなかったし、Youtubeでかなり追っかけられるようになったけど、やはり自分の中学~高校生時代にコンピューターへの興味とともにYMOのサウンドにのめりこめたのは、 散会後のYMOの活動は断片的にしか知らなかったし、Youtubeでかなり追っかけられるようになったけど、やはり自分の中学~高校生時代にコンピューターへの興味とともにYMOのサウンドにのめりこめたのは、その後の音楽への嗜好を決定的に決める、自分の音楽とのかかわりの原点でもある。その記録が詳細にまとめられて、現代まで続くこの記録はとても貴重であり、自分の人生と重なってもくる内容でした。4000円の価値は十分にありました。 …続きを読む
    KAN
    2021年10月06日
    7人がナイス!しています
  • YMO結成から現在までの活動を資料などから編纂、後半は著者が関係者としてメンバーから聞いた話など紹介。YMOリアルタイム世代なので、本を読んでいると、それぞれの曲が脳内再生。東京育ちだが、YMOのライ YMO結成から現在までの活動を資料などから編纂、後半は著者が関係者としてメンバーから聞いた話など紹介。YMOリアルタイム世代なので、本を読んでいると、それぞれの曲が脳内再生。東京育ちだが、YMOのライブを初めて見たのは1993年の東京ドームでの再生ライブ。第4のメンバー「YMO」の表現にうなづいた。そして21世紀からゆっくり活動を再開して様子は懐かしくなった。この1年は幸宏さんと教授が病気の治療で、ファンてしては快癒を願った。本は発売して直ぐに購入したが、コロナ禍で読書意欲が消失していた。 …続きを読む
    美結
    2021年06月06日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

一部誤りがございました

最近チェックした商品