檻の中の裁判官 なぜ正義を全うできないのか

檻の中の裁判官 なぜ正義を全うできないのか 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年03月10日
商品形態:
電子書籍

檻の中の裁判官 なぜ正義を全うできないのか

  • 著者 瀬木 比呂志
発売日:
2021年03月10日
商品形態:
電子書籍

国家に“人事と金”を握られ良心を捻じ曲げられた囚人たちが冤罪を生み出す

元判事、ベストセラー『絶望の裁判所』著者による、
司法批判の集大成!

平成の司法制度改革は大失敗!?
政府と電力会社に追随した根拠なき「原発再稼働容認」、
カルロス・ゴーン事件で改めて露見した世界的に特異な「人質司法」、
参加者の人権をないがしろにした「裁判員裁判」、
国家が犯人1人に責任を押し付ける「死刑制度」……
閉ざされ歪んだ司法の世界にメスを入れ、改善への道を示す!

● 出世コースに乗れば生涯収入7億超えも!
「天下り」もあり、国家に逆らえない。
● 無罪判決や行政に不利な判決を出した判事たちは
人事や異動で報復を受けた。
● 在野の法律家から判事を選任する「法曹一元制度」を
活用し、“市民のための司法”を取り戻せ!

〈目次〉
第1章 個人としての裁判官とその問題
第2章 官僚・公人としての裁判官
第3章 裁判官の仕事とその問題点
第4章 裁判官の本質と役割――儀礼と幻想の奥にあるもの
第5章 戦後裁判官史、裁判官と表現
第6章 法曹一元制度と裁判官システムの未来

メディアミックス情報

NEWS

「檻の中の裁判官 なぜ正義を全うできないのか」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 現代日本の裁判官を批判した書籍。世界の裁判官と異なり、日本の裁判官は権力の意向に追随する傾向が強い。それは裁判官が実質的に独立しておらず、特殊なムラ社会に生息する「司法官僚の群れ」「法服を来た役人」で 現代日本の裁判官を批判した書籍。世界の裁判官と異なり、日本の裁判官は権力の意向に追随する傾向が強い。それは裁判官が実質的に独立しておらず、特殊なムラ社会に生息する「司法官僚の群れ」「法服を来た役人」であるためである。裁判官である前に公務員意識が強く、上意下達の忖度公務員になっていることが問題である。 …続きを読む
    林田力
    2021年04月18日
    7人がナイス!しています
  • 現代日本の裁判官が抱える問題点を各方面から鋭く指摘、司法制度の危機を訴えます。打開するには法曹一元と裁判官の公平な選抜が必要と説きます。 、一般市民、国民の基本的方向性の理解とコンセンサスを得る必要が 現代日本の裁判官が抱える問題点を各方面から鋭く指摘、司法制度の危機を訴えます。打開するには法曹一元と裁判官の公平な選抜が必要と説きます。 、一般市民、国民の基本的方向性の理解とコンセンサスを得る必要があるとします。かなり深い内容でした。 …続きを読む
    aochama
    2021年05月06日
    1人がナイス!しています
  • 前類書にあったルサンチマンの影は薄れ(といってもその経歴があったからこそ書けたという臭さは残る)、日本の裁判所に関する指摘はほぼ正確である。ただ、憲法どおり10年の任期で弁護士になる覚悟で希望任地以外 前類書にあったルサンチマンの影は薄れ(といってもその経歴があったからこそ書けたという臭さは残る)、日本の裁判所に関する指摘はほぼ正確である。ただ、憲法どおり10年の任期で弁護士になる覚悟で希望任地以外拒否し、同一裁判所に10年勤めても彼より長く裁判官を続けた私にとって異論も多い。特に第6章は実現性がない。なお、家事事件手続法下でも副本を提出しないと申立書以外は相手当事者に交付されないので213ページの記述は誤り。また、阿蘇山噴火に言及しながらそれを理由に原発を止めた著者と同期裁判官の氏名がないのは何故か? …続きを読む
    jun
    2021年08月01日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品