短歌ください 明日でイエスは2010才篇

短歌ください 明日でイエスは2010才篇 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年09月24日
商品形態:
電子書籍

短歌ください 明日でイエスは2010才篇

  • 著者 穂村 弘
発売日:
2020年09月24日
商品形態:
電子書籍

人気歌人・穂村弘が、読者の短歌を講評。実践的短歌入門

人気歌人・穂村弘が選を務める短歌投稿コーナー(本の情報誌『ダ・ヴィンチ』連載)の書籍化第2弾が待望の文庫化。鮮やかな講評が、短歌それぞれの魅力をさらに際立たせる。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「短歌ください 明日でイエスは2010才篇」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • わ、穂村さんの文庫新刊。笑わせてもらう気満々で手に取りましたが、私はこれまで彼のエッセイばかり読んでいて、短歌そのものが載っている本は初めて読むことに気づく。穂村さんは歌人なのに。泣ける映画が必ずしも わ、穂村さんの文庫新刊。笑わせてもらう気満々で手に取りましたが、私はこれまで彼のエッセイばかり読んでいて、短歌そのものが載っている本は初めて読むことに気づく。穂村さんは歌人なのに。泣ける映画が必ずしもいい映画ではなかったりするけれど、怖い映画も必ずいい映画というわけではない。でも怖い歌は必ずいい歌なのだそうです。他の感情よりも人間の深いところに根ざしているからかもしれないという推察になるほど。それにしても選出された歌の作者は皆若い。ジジババおらんし。経験値高い爺婆が恐怖について詠んだらさらに怖い気がする。 …続きを読む
    Kazuko Ohta
    2020年09月27日
    18人がナイス!しています
  • 泡凪伊良佳さんの作品「俺なんかどこが良いのと聞く君はあたしのどこが駄目なんだろう」は、おそらく気持ちを伝えている場面なのに、コミュニケーションの断絶を思わせドシンときた。音数やリズムのキレイさと、言葉 泡凪伊良佳さんの作品「俺なんかどこが良いのと聞く君はあたしのどこが駄目なんだろう」は、おそらく気持ちを伝えている場面なのに、コミュニケーションの断絶を思わせドシンときた。音数やリズムのキレイさと、言葉が持つ狡さ、清濁併せ持つ句で好きだ。文庫で再読すると投稿者たちの動向も気になり、あ、この人一才年を取ったなとか、久し振りだな等短歌以外の部分も楽しんだ。特に目を引いたのは木下龍也氏だ。穂村氏のコメントはこの方の世界観がとても好きなのが伝わってきた。衝撃度が高く印象も強い、他の作品ももっと見たいと思った。 …続きを読む
    練りようかん
    2020年10月12日
    7人がナイス!しています
  • 投稿者の名前に木下龍也とあって、ん?聞いたことあるぞ?と思って調べたら私の好きな『玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ』の著者の名前と同じだったのですがもしや……?2010年〜2013年 投稿者の名前に木下龍也とあって、ん?聞いたことあるぞ?と思って調べたら私の好きな『玄関の覗き穴から差してくる光のように生まれたはずだ』の著者の名前と同じだったのですがもしや……?2010年〜2013年の連載をまとめていて、投稿時の年齢が23歳〜24歳ってことは現在33歳くらいだからありえる?だとしたらエモいな、とか都合のいい妄想をしながら読んでました。(全然本編の感想じゃない。) …続きを読む
    はるひ
    2020年10月11日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品