試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041097748

ふたりみち

  • 著者 山本 幸久
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年11月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041097748

あざといと言われても書きます。「ラスト一行できっと泣く!」

元ムード歌謡の歌手で、今は函館のスナックのママ野原ゆかりは、本州をめざし津軽海峡をフェリーで渡っていた。ある事情で抱えた借金返済のため、昔のつてを頼ってコンサートツアーと称したドサ回りの旅に出たのである。船内で偶然知り合った同じ名前の森川縁は、12歳なのになぜかゆかりの唄に興味を持ちついて来てしまう。彼女が母親と喧嘩して家出してきたことを知ったゆかりは、親に連絡させ最終目的の東京まで連れて行くことになる。しかし、彼女のコンサートは、行く先々でトラブルに遭いことごとく中止になってしまう。落ち込むゆかりを支える縁。2人のユカリは55歳の歳の差を超えて強いきずなで結ばれていく。そしてついに最後の会場、東京に到着する。ゆかりは、ここだけは絶対に唄い上げるつもりだった。そこにはゆかりの悲しい過去が刻まれていたのだ。
笑って笑って、そして……ラスト一行に思わず! エディット・ピアフの『愛の讃歌』に乗って描かれる人生の切なさ、すばらしさ。山本作品で一番泣ける作品です!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ふたりみち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 星★★★★★ 単行本は既読していますが、文庫本が発売されたので再読 途中若干間延びしてくる所はありますが、さすがは山本作品 最後の30ページくらいから一気に物語に引き込まされ、最後は温かい寂寥感に包 星★★★★★ 単行本は既読していますが、文庫本が発売されたので再読 途中若干間延びしてくる所はありますが、さすがは山本作品 最後の30ページくらいから一気に物語に引き込まされ、最後は温かい寂寥感に包まれます。書き下ろしの短編では、その後二人が友情とドサ回りを続けながらも、コロナのせいで中止になった経緯も描いていました。 感想は255字では収まりきれませんのでとにかく読んでもらいたい本です。 この本に出会えて小生も幸せです。 …続きを読む
    kotetsupatapata
    2020年12月21日
    9人がナイス!しています
  • ひょんなことで巡り会う67歳の元歌手と12歳の家出少女との至極のロードムービー。笑いの中にしんみりさせられる場面ありと読んでいて全然飽きなかった。後半になる辺りから目が離せなくなった。運命に逆らって生 ひょんなことで巡り会う67歳の元歌手と12歳の家出少女との至極のロードムービー。笑いの中にしんみりさせられる場面ありと読んでいて全然飽きなかった。後半になる辺りから目が離せなくなった。運命に逆らって生きるのも悪くないかも… …続きを読む
    KEN
    2021年01月06日
    8人がナイス!しています
  • ドサ回りの旅に出た元ムード歌謡歌手と途中で知り合った家出少女のロードムービー。ゆかりさんの歌聞いてみたいな。ラストはホロリとした。 ドサ回りの旅に出た元ムード歌謡歌手と途中で知り合った家出少女のロードムービー。ゆかりさんの歌聞いてみたいな。ラストはホロリとした。
    kimuchi
    2020年12月04日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品