86―エイティシックス―Ep.9 ―ヴァルキリィ・ハズ・ランデッド―

86―エイティシックス―Ep.9 ―ヴァルキリィ・ハズ・ランデッド― 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年02月10日
商品形態:
電子書籍

86―エイティシックス―Ep.9 ―ヴァルキリィ・ハズ・ランデッド―

  • 著者 安里 アサト
  • イラスト しらび
  • メカニックデザイン I-IV
発売日:
2021年02月10日
商品形態:
電子書籍

彼らが「最期の派遣先」で見るものは――アニメ化決定の人気作、急展開!

 犠牲は――大きかった。〈電磁砲艦型〉との戦いは、セオの負傷はもちろん、幾人もの仲間の命をその荒波で飲み込んだ。
 シャナ。シデンの隊「ブリジンガメン」副長だった彼女も、その一人であった。復讐を誓うシデン、そしてシン行方不明の報に動揺して狙撃できず、シャナ死亡の遠因となったクレナは、平静を失う。
 しかし、戦況は少年少女らを慮ることはない。〈電磁砲艦型〉の逃亡先――現在交信可能な最後の国家・ノイリャナルセ聖教国。レギオンの脅威と戦う同胞でありながら、ヴィーカたち連合王国や、連邦上層部すら警戒する謎の国家に、シンたちは足を踏み入れる……!
 機動打撃群・派遣作戦最終盤のEp.9!
“敵を撃てなければ、
 兵でいることはできない。”

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「86―エイティシックス―Ep.9 ―ヴァルキリィ・ハズ・ランデッド―」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 幾人もの仲間の命を飲み込んだ電磁砲艦型との戦い。その傷も癒えぬまま、電磁砲艦型の逃亡先で現在交信可能な最後の国家・ノイリャナルセ聖教国にシンたちが足を踏み入れる第九弾。戦うことを奪われたセオ、シャナの 幾人もの仲間の命を飲み込んだ電磁砲艦型との戦い。その傷も癒えぬまま、電磁砲艦型の逃亡先で現在交信可能な最後の国家・ノイリャナルセ聖教国にシンたちが足を踏み入れる第九弾。戦うことを奪われたセオ、シャナの復讐を誓うシデン、平静を失ったクレナ、共に戦う旧帝国貴族のミルメコレオ連隊と聖教国の第三機甲軍団。戦局も終盤に向かいつつある中で、様々な思惑が入り乱れる難しい戦いでしたが、未だ戦いの呪いに囚われるものがいる一方で、それぞれが少しずつ戦いが終わった後のことを考え始めてるんですね…甘えるレーナが破壊力抜群でした。 …続きを読む
    よっち
    2021年02月10日
    34人がナイス!しています
  • 電磁砲艦型との戦いで多くの犠牲を出したシンたちは、狂国と呼ばれる国、ノイリャナルセ聖教国へ。 いつの間にか、呪いに変わってしまっていた誇りを取り戻して。 戦いを終わらせるために──。 物語の深度と臨場 電磁砲艦型との戦いで多くの犠牲を出したシンたちは、狂国と呼ばれる国、ノイリャナルセ聖教国へ。 いつの間にか、呪いに変わってしまっていた誇りを取り戻して。 戦いを終わらせるために──。 物語の深度と臨場感が相変わらずすごい。今回は特にクレナとシデンが格好良かったです。あとオリヴィアさんも良いですね。 でも私の推しは変わらずファイドです。 …続きを読む
    あおやまみなみ
    2021年02月15日
    12人がナイス!しています
  • レーナ、ついに告白!1巻まるまる跨いでようやく。読者と同じヤキモキを、仲間たちもみんな感じていたようですねw 作戦前のプライベート通信でイチャイチャするレーナとシンは見応えあり。 「ええ……行ってくる レーナ、ついに告白!1巻まるまる跨いでようやく。読者と同じヤキモキを、仲間たちもみんな感じていたようですねw 作戦前のプライベート通信でイチャイチャするレーナとシンは見応えあり。 「ええ……行ってくる」と言葉遣いが変わる瞬間、こういうのに弱いんですよ僕は。 戦いの方では一巻通して後方のクレナのメンタルが行ったり来たりで不安になりましたが、誇りが呪いになってしまっていたことと向き合い、断ち切ることができたようで安心しました。いよいよレギオンに反撃開始!ということで次巻も楽しみですね。 …続きを読む
    アルトいぶき
    2021年02月19日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品