朝日堂オーダーメイド製本工房

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784049132755

朝日堂オーダーメイド製本工房

  • 著者 相原 罫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784049132755

誰にも忘れられない一冊がある。

 製本会社朝日堂の屋上にひっそりと建つ小さな工房。生真面目な野島志乃はそこで、本を一冊だけ作ってほしいという個人の依頼を受けている。
「志乃ちゃんは本が大好きですもんね」
「私が好きなのは『本を作る仕事』です」
 見習いの田中哉太とともに志乃は、特殊製法も駆使し、依頼人の想いが込もった本を丁寧に手作りしていく。
 メーテルリンクの『青い鳥』、宮沢賢治の『セロ弾きのゴーシュ』にまつわるエピソードが詰まった、本好きには堪らない、心にしみる物語。
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「朝日堂オーダーメイド製本工房」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 製本所で働く人々の物語。本を中心に人が繋がり、複雑な感情が温かくほどけていく様がやさしく描かれる。本を読んでいるそのときは気づきにくい、製本という分野に踏み込んでくださったことが嬉しかった。 製本所で働く人々の物語。本を中心に人が繋がり、複雑な感情が温かくほどけていく様がやさしく描かれる。本を読んでいるそのときは気づきにくい、製本という分野に踏み込んでくださったことが嬉しかった。
    佐島楓
    2021年03月09日
    65人がナイス!しています
  • 製本会社朝日堂の屋上にひっそりと建つ小さな工房。そこで本を一冊だけ作ってほしいという個人の依頼を受けている野島志乃と、依頼人の想いが込もった本を丁寧に手作りしていく物語。志乃の亡くなった師匠の孫・哉太 製本会社朝日堂の屋上にひっそりと建つ小さな工房。そこで本を一冊だけ作ってほしいという個人の依頼を受けている野島志乃と、依頼人の想いが込もった本を丁寧に手作りしていく物語。志乃の亡くなった師匠の孫・哉太と日記帳、引っ越しする少女の『青い鳥』を巡る物語、そして志乃とかつて大切な時間を共有した蘇芳との再会。見習いになった田中哉太とともに、出会った人たちの思いに寄り添って取り組む志乃さんは不器用だけれど仕事にはとても真摯で、彼女が手作りする本が一度は壊れてしまった人の想いを再び紡いでゆく、そんな素敵な物語でした。 …続きを読む
    よっち
    2021年03月29日
    37人がナイス!しています
  • 紙の本が、さらに好きになる一冊だった。いつか自分もオーダーメイドの一冊を作ってもらいたい。 紙の本が、さらに好きになる一冊だった。いつか自分もオーダーメイドの一冊を作ってもらいたい。
    kou
    2021年05月12日
    27人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品