落第魔術師を伝説にするまでの果てなき英雄譚

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年08月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
312
ISBN:
9784049131970

落第魔術師を伝説にするまでの果てなき英雄譚

  • 著者 榎本 快晴
  • イラスト 林けゐ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年08月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
312
ISBN:
9784049131970

誰かポンコツ魔術師を英雄にする方法を教えてくれ!

 盗掘家アランが遺跡で見つけた杖、それは世界を救った大英雄“不没の銀月グレイ”の魔法遺物だった。
 そして手にした瞬間、声に導かれるように辿り着いたのは……かつて英雄グレイが生きていた、1000年前の時代!?
 英雄譚にひそかに憧れていたアランは、グレイを捜し出して、杖を高値で売りつけようとするのだけれど――
「お掃除ですか? 買い出しですか? なんでもお申し付けくださぁいっ!」
 肝心の英雄様は、魔法学院に入学できなかった稀代のポンコツ少女だった! どうやら後世に語られる英雄譚は、彼女が見栄のためについた嘘八百。だったら……歴史通りに世界を救わせて、伝説の大英雄にするしかない!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「落第魔術師を伝説にするまでの果てなき英雄譚」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 盗掘家アランが遺跡で見つけた、世界を救った大英雄「不没の銀月グレイ」の魔法遺物である杖。それを手にしたことで英雄が生きていた1000年前にタイムスリップするファンタジー。英雄譚にひそかに憧れていたアラ 盗掘家アランが遺跡で見つけた、世界を救った大英雄「不没の銀月グレイ」の魔法遺物である杖。それを手にしたことで英雄が生きていた1000年前にタイムスリップするファンタジー。英雄譚にひそかに憧れていたアランが探し出した虚勢張りまくりの残念ポンコツ少女・グレイ。いろいろ伝承とは違う現実に幻想がぶち壊されてゆくコメディとテンポのよい掛け合い、シリアスな展開の組み合わせが絶妙で、宿敵だったのはずの「暴君」の真意を知ってその企みをぶち壊し、本来の歴史を逸脱したこれからをどう展開させていくのか、期待の新シリーズですね。 …続きを読む
    よっち
    2020年09月13日
    36人がナイス!しています
  • 魔法がなくなった時代から魔法がある時代に飛ばされてしまった主人公が出会った、最高の英雄のはずの少女がただの小間使いな上にポンコツで…?その少女を本物の英雄にするための冒険が始まると。壮大な物語になりそ 魔法がなくなった時代から魔法がある時代に飛ばされてしまった主人公が出会った、最高の英雄のはずの少女がただの小間使いな上にポンコツで…?その少女を本物の英雄にするための冒険が始まると。壮大な物語になりそうな気もする中、最大の宿敵も早々登場と展開はやすぎじゃないか?と思ってましたが、なるほどと思わされる展開。無事続きでるかは気になります …続きを読む
    しぇん
    2020年08月08日
    18人がナイス!しています
  • 1000年前の世界にタイムスリップした少年が後に英雄と呼ばれるポンコツの少女を成り上がらせる英雄譚。プライドだけは人一倍あって、能力が追いついていないグレイというヒロインをどう捉えるかでこの物語への没 1000年前の世界にタイムスリップした少年が後に英雄と呼ばれるポンコツの少女を成り上がらせる英雄譚。プライドだけは人一倍あって、能力が追いついていないグレイというヒロインをどう捉えるかでこの物語への没入度が変わる気がする。泥臭くて、真っ直ぐで、持ち前のプライドに負けないだけの陰で努力を積み上げる向上心。コミカルで軽快なテンポで紡がれる会話劇に騙されそうになるけれど、噛み締めると魅力的な少女だと認識できる。一人で足りないのなら手を握ればいい。二人で目指す英雄道のその果てが今から楽しみでならない …続きを読む
    かっぱ
    2020年09月08日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品