倭人・倭国伝全釈 東アジアのなかの古代日本

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784044006082

倭人・倭国伝全釈 東アジアのなかの古代日本

  • 著者 鳥越 憲三郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784044006082

古代中国の歴史書に記された「日本民族」のルーツに迫る

日本人のルーツに連なる「倭国」「倭人」は、古代中国の歴史書ではどのように記されてきたのか? 『漢書』『後漢書』『三国志』『晋書』『宋書』『南斉書』『梁書』『隋書』『北史』『南史』『旧唐書』。11種の史書の古代日本に関わるすべての記述を網羅。現代語で読み下し、注解と詳細な解説により明らかにする。稲作と高床式住居という独特の文化様式を持つ倭族。長江流域を出て広がったその軌跡を辿る、「倭族論」の決定版。

もくじ

序説 倭人について

各史書の倭人・倭国伝
  漢書/後漢書/三国志/晋書/宋書/南斉書/梁書/隋書/北史/南史/旧唐書

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「倭人・倭国伝全釈 東アジアのなかの古代日本」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ハンディに「倭人伝・倭国伝」の全部を一望できる資料として読み始めた。その結果わかったことは、多くの中国正史に書かれているとはいえ、その多数は前代の史書からの引用であり、目新しい情報は、数百年かかっても ハンディに「倭人伝・倭国伝」の全部を一望できる資料として読み始めた。その結果わかったことは、多くの中国正史に書かれているとはいえ、その多数は前代の史書からの引用であり、目新しい情報は、数百年かかってもなかなか簡単には付け加えられなかったという事実。古代史研究はこれを元に、さらに進められるべきなのだろう。「序説」は著者・鳥越による、倭・倭人についての見解を概説したもので、長年の研究のエッセンスであり、本書の核心でもある。人類学的な見方で「倭族」という概念から東アジアを捉えようとする、非常にスリリングな論考。 …続きを読む
    へくとぱすかる
    2020年10月14日
    50人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品