試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年01月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784044006068

龍の起源

  • 著者 荒川 紘
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年01月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784044006068

西洋のドラゴンと東洋の龍。姿形は違うのになぜ同じ「龍」と呼ばれるのか?

西洋のドラゴンと東洋の龍。その性格はさまざまで、姿形もまったく違うのに、なぜ同じ「龍」と呼ばれるのか? バビロニアのティアマト、エジプトのウラエウス、インドのナーガ、日本や中国の龍。西洋では反秩序の象徴で退治される存在だが、東洋では雨を降らせて農民を助けたり、皇帝のシンボルとして崇められたりしてきた。龍とはいったい何者か。世界の神話や民話、絵画に描かれた記録を調査・探索。図版109点を掲載する。

もくじ

序 龍とはなにか

第1章 東方の龍
 1 中国の龍/2 インドのナーガ/3 東方の龍の特性
第2章 西方の龍
 1 バビロニアのティアマト/2 エジプトのウラエウス/3 イスラエルのレヴィアタン/4 ギリシアのドラコーン/5 ヨーロッパのドラゴン/6 西方の龍の特性
第3章 龍の起源
 1 蛇信仰の発生/2 蛇信仰の伝播/3 蛇の抽象化/4 龍の誕生/5 龍の伝播/6 南方の牛と北方の馬/7 新大陸の龍
第4章 日本の蛇と龍
 1 縄文時代の蛇/2 弥生時代の蛇と龍/3 記・紀のなかの蛇と龍――八俣大蛇と三輪山の蛇/4 シンボルとしての蛇と龍/5 記・紀のなかの蛇と龍――タツとオカミとミツハ/6 記・紀以後の蛇と龍/7 河童と天狗
第5章 龍と宇宙論
 1 龍と水の宇宙論――西方世界/2 龍と水の宇宙論――東方世界/3 闇と光と龍/4 日本の龍と宇宙論
第6章 われわれの時代と龍
 1 日本の農業と龍/2 科学技術文明と龍/3 小川芋銭の河童

メディアミックス情報

NEWS

「龍の起源」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 架空の動物でありながら、洋の東西を問わず知られていて、しかも性格は東西でまったく異なる。それなのに、両方を「龍」「ドラゴン」と、同様にみなしているのはなぜなのか。一冊丸ごと「龍」の探求のみに費やして、 架空の動物でありながら、洋の東西を問わず知られていて、しかも性格は東西でまったく異なる。それなのに、両方を「龍」「ドラゴン」と、同様にみなしているのはなぜなのか。一冊丸ごと「龍」の探求のみに費やして、歴史・美術・民俗学を駆使して追ってゆく。特にヘビに対する信仰との関係に比重がかかっているが、かつてテレビ番組で、揚子江ワニに原初の姿を求めていたことがある。ワニは果たして関係があるのだろうか。カッパも視野に入っていて、架空の存在同士のつながりが、遠い世界と時間を越えて見えない糸でつながっていることに感動する。 …続きを読む
    へくとぱすかる
    2021年02月07日
    55人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品